フィジカル

あなたが本当の自分を知りたいのであれば…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

川端先生の話によると人間にはその人だけが持つ基準の面(めん)があるそうです。その面というのは大きく分けて3つあるんですが、私たちは知っているか知っていないかは別にして、その3つの面のどれかを基準にして体を動かしているんですね。

自分の体に基準となる面があるということは、自分以外の人にも基準となる面があるということです。例えば大谷翔平選手とイチロー選手は別の面を基準にして体を動かしていますし、松坂投手とイチロー選手もそれぞれ別の面を基準にして体を動かしています。

ところが体を動かす時に基準としている面の存在を知りながら体を動かしている人はほとんどいません。そこがもったいないんですね。もし、あなたが自分自身の体を動かす時に基準としている面さえ知っていれば誰の動きを参考にすればいいのかがすぐに分かるのに…。反対に怖いのは基準となる面を知らずに憧れだけでスター選手の動きを真似してしまうとあなたの体の動きはバラバラになってしまう可能性があります。

もし、あなたが本当の勝者になりたければ…

あなたが野球選手であるならばあなたが体を動かす時に基準としている面だけは知っておいた方がいいと思います。そうすればあなたが本当に参考にするべき選手を見つけられるようになりますし、あなたが本当にするべき体の動かし方が分かるからです。その結果、動きに安定感と多様性が生まれ、解放されたパフォーマンスを感じることができると思います。

もし、あなたが本当の自分を知りたいのであれば下の画像をクリックしてみてください。

では、また。

member   35  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 内野手はゴロを捕ったら胃に持って来い?【野球選手のための守備講座】
  2. 千葉ロッテマリーンズ・井口資仁選手のバッティング理論
  3. ボールを捕るときにジャンプをすると目線がブレない。
  4. 【想像を絶する大活躍】小さい選手が打てる理由
  5. そろそろピックオフ(牽制球)も世界基準に!

関連記事

  1. フィジカル

    誰も教えてくれなかった『あなたの体の使い方』

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。新教材の販売がス…

  2. フィジカル

    アメフトのトレーニングから学ぶ《スピードアップのためのトレーニング動画》

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は良いトレー…

  3. フィジカル

    【肩の力を抜くにはどうすればいいのか?】直接操作ではなく間接的に!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。「肩の力を抜け!…

  4. フィジカル

    史上最強の中学野球チームから学ぶ《少年野球チームのあるべき姿とは?》

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。つい先日、小学6…

  5. フィジカル

    子どもの身長を伸ばすためにできること

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は身長につい…

  6. フィジカル

    うまくない選手のフォームは見てはいけない。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。超える力室伏…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. ベースランニング

    【よく見ておきましょう】ランナーの動き
  2. バッティング

    イチロー選手のバッティングから学ぶ。《連ティーに隠さているものとは?》
  3. フィールディング

    【キャッチャーの送球】プロとアマの違いとは?
  4. フィールディング

    広岡達朗氏の守備を開眼させたドン・ブレイザーの守備に対する姿勢
  5. フィールディング

    ゴールドグラブ賞を10回も受賞した史上最高の二塁手の秘密とは?
PAGE TOP