フィールディング

【世界は広い!】18歳で160キロのスローイングをする選手

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

世界にはえげつない選手がいるもんですね。

その選手の名はブレイズ・アレクサンダー。

まだ18歳の選手なんですがそんな18歳が投げるスローイングがえげつないので、ぜひご覧ください。

どうやら100マイル(約160キロ)ぐらい出てるみたいですね。ちなみに本気で遠投をするとこんな感じです。

この肩はえげつないですよね^^;

ちなみにバッティングはこんな感じ。

このブライズ・アレクサンダー選手も出ている2017年のパーフェクトゲーム・オールアメリカンの試合はこちらです。

ここに出ている選手たちは今年のU-18ベースボールワールドカップにも出ていたようです。これを見たら圧倒的な強さで優勝するのも納得です。

あっ!

ちなみにもう一つ年代が下の14歳以下のパーフェクトゲームの試合はコチラです。噂のジョーダンくんも出ていますよ。

どの選手もスケールが大きいですね。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ハードヒット率 52.1%を誇る打者のバッティング理論とは?
  2. 【世界一に貢献!】プレーオフで勝てなかった投手が勝てるようになった理由
  3. 美人ほど整形したがる【野球界も一緒なのか?】
  4. 【落合博満×吉田正尚】バッティングに対する思考の違いとは?
  5. 保護中: 【内野手の基本】ボールを捕ったらどうすればいいのか?(パスワードは3月…

関連記事

  1. フィールディング

    ベースボールバイブルの教材で学んだ結果、手に入れた能力

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今年の2月にこの…

  2. フィールディング

    凄くて巧い内野手【その基準とは?】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日のブログでは…

  3. フィールディング

    野球の守備が上手いかどうかはボールを握り変える技術を見れば分かる!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。《野球の守備が上…

  4. フィールディング

    【海外のドリルから学ぶ】内野手の反応をよくするには…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昔、電電近畿やN…

  5. フィールディング

    【内野手のゴロ捕球】捕球する時のひとつの技術とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。面白い動画があり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    広岡達朗氏の守備を開眼させたドン・ブレイザーの守備に対する姿勢
  2. フィジカル

    これ、できます?【野球選手ならできてほしい!】
  3. バッティング

    【バッティング】世界で一番ヒットを打った選手が送るアドバイス
  4. フィールディング

    【小久保裕紀氏に学ぶ】チームを強くした伝統とは?
  5. フィールディング

    【菊池選手のこの言葉】胸に刻んでください。
PAGE TOP