バッティング

【バッティング】掛布氏が伝えたステップの仕方とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

掛布コーチが高山選手にステップの仕方を教えておられる動画があるんですが、これが貴重な動画ですので紹介させていただきます。その動画というのはコチラの動画なんですが…

そもそもバッティングのステップの話の時、野球界では「足の裏をピッチャーに向けるイメージでステップしにいきなさい。そうすれば肩が開くことはない!」と言われることがあるんですが、一番最初に掛布コーチは「それでは打てないから右足は開いてステップしていいんだよ」と言っているように見えます。

ただ、掛布コーチは高山選手に「(高山選手の場合は)股関節を回し過ぎるから左肩が出てきてしまうんだよ」と言っているように感じます。要するに「ステップする時に右足は開いていい。だけど股関節を回し過ぎると左肩も回り始めて割れができないから股関節は回し過ぎないように!」と言っているんだと思うんですね。

この理論はまさにその通りで実際にあるメジャーリーガーも「ステップの時は前足は開いた方がいい。そうすると後ろの肩が残るので割れがしっかりできる」と言っています。

ただ、高山選手には前足は開いてはいけないと思い込みが強くあるように見受けられます。ですから高山選手は掛布コーチが言っていることをなかなかうまく体現できないんですけど…

この前足は開いてはいけないという思い込みは高山選手だけではなく多くの選手が持っている思い込みだと思うんですね。そういう選手には、ぜひこの掛布コーチの理論を試してもらいたいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 別格。だからこそ厳しく!【吉田選手のバッティングについて】
  2. 補殺数の世界記録を持つオジー・スミス選手。彼がどんな体を持つ選手だったか知ってい…
  3. プロ野球選手になった男のテレビ画面に映らないバックアップ
  4. 【内野守備が強固なチームは強い!】ところで時代の流れを感じていますか?
  5. 保護中: 【つま先の向きが変わると身体が変わる】つま先を内側に向けた場合と外側に…

関連記事

  1. バッティング

    【MLB通算612本塁打のジム・トーミ氏に学ぶ】バットのヘッドの使い方

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日、カブスは残…

  2. バッティング

    スイングスピードを上げるために…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。C.J.ビーティ…

  3. バッティング

    【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はアーロン・…

  4. バッティング

    2年連続二冠王に輝いた選手のスイングイメージとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。守れて……

  5. バッティング

    プロ野球界で史上最高の右バッターはどうやってバッティングフォームを作っていたのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。「日本人で史上最…

  6. バッティング

    MLBで600本のホームランを打ったプホルス選手の歴史と哲学

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、アルバート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    今日はワールドベースボールクラシックの準決勝!
  2. マインド

    技術は三流の野球選手がどうして超一流の野球選手になれたのか…
  3. コーチング

    【中村奨成選手へ】野村克也氏からの金言
  4. フィジカル

    練習やトレーニングにかける時間を増やすために睡眠時間を削るのはガソリンを入れずに…
  5. ピッチング

    スカウトたちはあなたの投げるボールを見ている…
PAGE TOP