バッティング

【バッティング】掛布氏が伝えたステップの仕方とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

掛布コーチが高山選手にステップの仕方を教えておられる動画があるんですが、これが貴重な動画ですので紹介させていただきます。その動画というのはコチラの動画なんですが…

そもそもバッティングのステップの話の時、野球界では「足の裏をピッチャーに向けるイメージでステップしにいきなさい。そうすれば肩が開くことはない!」と言われることがあるんですが、一番最初に掛布コーチは「それでは打てないから右足は開いてステップしていいんだよ」と言っているように見えます。

ただ、掛布コーチは高山選手に「(高山選手の場合は)股関節を回し過ぎるから左肩が出てきてしまうんだよ」と言っているように感じます。要するに「ステップする時に右足は開いていい。だけど股関節を回し過ぎると左肩も回り始めて割れができないから股関節は回し過ぎないように!」と言っているんだと思うんですね。

この理論はまさにその通りで実際にあるメジャーリーガーも「ステップの時は前足は開いた方がいい。そうすると後ろの肩が残るので割れがしっかりできる」と言っています。

ただ、高山選手には前足は開いてはいけないと思い込みが強くあるように見受けられます。ですから高山選手は掛布コーチが言っていることをなかなかうまく体現できないんですけど…

この前足は開いてはいけないという思い込みは高山選手だけではなく多くの選手が持っている思い込みだと思うんですね。そういう選手には、ぜひこの掛布コーチの理論を試してもらいたいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【バッティング】2017年ワールドシリーズMVP選手の左足の使い方とは?
  2. 【2017年のMLBドラフト】上位指名された3選手を見てみましょう
  3. 【32億円の男から学ぶ】スピードや強さがなくてもトップでいれる理由
  4. 【新しい打撃指標】バレルとは?
  5. 【想像を絶する大活躍】小さい選手が打てる理由

関連記事

  1. バッティング

    【松中信彦氏が語る】15歳以下の野球選手の育て方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。NPBで三冠王に…

  2. バッティング

    オリックス・バッファローズの吉田正尚選手から学ぶ【あのスイングを手に入れた方法】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。オリックス・バッ…

  3. バッティング

    【貴重映像】コディ・ベリンジャー選手の少年時代

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズンデビュ…

  4. バッティング

    ある女性がメジャーリーガーたちにバッティング理論を語らせている…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。なんという女性な…

  5. バッティング

    MLBで600本のホームランを打ったプホルス選手の歴史と哲学

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、アルバート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. ピッチング

    そろそろピックオフ(牽制球)も世界基準に!
  2. バッティング

    長い長い甲子園の歴史で最も飛んだと言われているホームラン
  3. フィールディング

    基本に忠実にノックを受けるプロ野球選手
  4. フィールディング

    相反するキャッチング理論。どちらが正しい?
  5. ピッチング

    打たれにくいスライダーの投げ方とは?
PAGE TOP