フィールディング

ゴールドグラブ賞を10回も受賞した史上最高の二塁手の秘密とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昔、仁志氏が『ナンだ!?』という番組で日米野球でノックを受けるロベルト・アロマー選手(2005年引退)から影響を受けたという話をしていたんですがアロマー選手を知らないという方のためにひとつのプレーの動画を用意しました。

このアロマー選手はゴールドグラブ賞を10回受賞しているんですが10回というのは二塁手としては歴代最多なので単純に考えるとベースボールの歴史の中で史上最高の二塁手はこのロベルト・アロマー選手だということです。

そんなアロマー選手から仁志氏は日米野球で何を学んだのかというと以前も紹介したこんなプレーだそうです。

これはジャイアンツで2015年、2016年の2年連続でゴールドグラブ賞を受賞しているブランドン・クロフォード選手のプレーなんですがロベルト・アロマー選手も日米野球で同じようなプレーをしていて、それを見た仁志氏が練習でこういうプレーを取り入れたんですって。

そうするとグラブのどこでボールを捕っているのかを感じられるようになったり、プレーによってグラブのどこにボールを入れればそのプレーがやりやすいのかがわかるようになったとおっしゃっています。

で、これはおそらく2000年の話ですからアロマー氏はこういう事を20年前ぐらいからやっていたんですね。そしてMLBでは今でもそれを受け継いでやっている選手がいて、しかも、その選手も2年連続でゴールドグラブ賞を受賞した。ところが日本ではこういうプレーはまだ見ません。

そう考えてみると内野守備に関していえば日本は海外から20年以上遅れているのかもしれませんね。

ですから、ぜひ、この遅れを取り戻してほしいなと思います。

そのためにもこちらの教材をどうぞ!

では、また。

  member  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. スカウトたちはあなたの投げるボールを見ている…
  2. 18歳の野球選手が魅せた素晴らしいバッティング
  3. よく打つバッターは自分の◯◯◯◯を知っている
  4. プロ野球選手とアマチュア選手に見えるキャッチボールでの意識の差
  5. 保護中: 【守備のセンスを磨くために】まず、やるべき事とは…(パスワードは3月2…

関連記事

  1. フィールディング

    広岡達朗氏の守備を開眼させたドン・ブレイザーの守備に対する姿勢

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ちょっと古い記事…

  2. フィールディング

    内野手のハンドリングを上手くする練習方法。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。以前に紹介しまし…

  3. フィールディング

    大谷翔平投手の初登板の日に起こったひとつのプレー【フォーメーションは難しい…】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は朝からエン…

  4. フィールディング

    MLB(メジャーリーグベースボール)でショートを守る方法

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。守備についての面…

  5. フィールディング

    【ハロルド・レイノルズ氏から学ぶ】ライリードリルとハンドリングドリル

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はハロルド・…

  6. フィールディング

    バックアップがチームを救う

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はMLBの試…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    【世界一の捕手であるヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】キャッチャーに必要なフレー…
  2. バッティング

    【バッティング】あなたの打ちやすいタイミングのとり方は?
  3. ピッチング

    世界一のピッチャーの準備とは?
  4. フィールディング

    ワンランク上の選手になるための『キャッチボール論』
  5. フィールディング

    凄くて巧い内野手【その基準とは?】
PAGE TOP