バッティング

引きつけて打つから前で捌くへ!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ワールドシリーズ第1戦が盛り上がっていますが非常に参考になる映像があったので紹介させていただきます。

まずは先頭打者ホームランを打ったドジャースの1番バッターであるテイラー選手のバッティングです。

そして、ツーランホームランを打ったターナー選手のバッティングです。

このターナー選手が自身のバッティングについてこんな事を言っています。

「足を上げて打つことの目的は体を残してしっかりと引きつけて打つことにありました。しかし3年ぐらい前に僕は考え方を変え、ボールを前で捌くように挑戦しました。そうすると打球がそれまでよりも飛ぶようになるのを実感したんです。」と。

そしてバッティングゲージではこんな風に打っています。

ぜひ、参考にしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【斎藤隆氏のMLBリポート】1Aの目的とは?
  2. 史上最高のアスリートから学ぶトレーニングと食事
  3. あのトム・ハウス氏が指導している貴重な映像
  4. ヘッドスライディングは速いのか?
  5. プロ野球選手になった男のテレビ画面に映らないバックアップ

関連記事

  1. バッティング

    オリックス・バッファローズの吉田正尚選手から学ぶ【あのスイングを手に入れた方法】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。オリックス・バッ…

  2. バッティング

    侍ジャパンの選手たちのバットの軌道は?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ジャイアンツの坂…

  3. バッティング

    美人ほど整形したがる【野球界も一緒なのか?】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。飛距離と確率。…

  4. バッティング

    【目先の1安打も大事だけど…】打者・大谷翔平選手から学ぶべき事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズン、ML…

  5. バッティング

    アレックス・ロドリゲス氏が語るバッティング理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。あのアレックス・…

  6. バッティング

    哲学を作り上げる時は経験も大切にしてください!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、こんな記事…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. ピッチング

    【世界最先端】あのピッチャーが急成長している理由とは?
  2. バッティング

    打てるようになりければ美しく捕れるようになった方がいい
  3. バッティング

    別格。だからこそ厳しく!【吉田選手のバッティングについて】
  4. バッティング

    ティーバッティングを工夫して新しい感覚を掴む!
  5. フィールディング

    保護中: 【守備のセンスを磨くために】まず、やるべき事とは…(パスワードは3月2…
PAGE TOP