バッティング

よく打つバッターは自分の◯◯◯◯を知っている

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

Sportivaにこんな記事がありました。

チーム打率.273、チーム本塁打152、得点736はセ・リーグ断トツ。盗塁数もリーグ唯一の3ケタとなる112。この数字を見れば、誰だって広島打線が強力なことはわかる。ただ、本当の広島打線の怖さは、こうした数字には表れていない部分にある。結論から言えば、”選球眼”の良さだ。それもボール球を振らないというのは当たり前のことで、広島の選球眼はもうワンランク上のもの。一見、地味に映るかもしれないが、その選球眼の良さが強力打線の支えになっている。

たとえば、2ボール1ストライクと打者有利のカウントになったとき、打者は打ちにいきたるのが普通だ。しかし、そんなときほど不得手な球種に手を出したり、ボール球を打ちにいってしまったりして、凡打に打ち取られることが意外と多い。

その点、広島の打者たちは、いわば”打ちにいくときの選球眼”がものすごくいい。打ち気にはやるカウントでもきっちりボールを見極め、自分が打てる球だけ振りにいく。ストレートを待っていたとしても、外角低めに決まる球は打ちにいっても安打になりにくい。それを広島の選手たちはわかっているのだ。

そうした姿勢が田中広輔、菊池涼介、丸佳浩の上位から、鈴木誠也、松山竜平らの中軸まで、全員に浸透している。表現を変えれば、広島の打者は「自分の打てる球を知っている」ということだ。

当たり前のことのようだが、実はほかのチームの選手でもこれを自覚している者はほんのひと握りに過ぎない。ましてチームとして徹底しているのは、12球団を見渡しても広島だけと言える。相手にしてみれば、これほど嫌な打線はない。

名打撃コーチもたまげた、広島カープ「ワンランク上の選球眼」とは?|スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

「自分の打てる球を知っている」

これって当たり前のように聞こえるかもしれませんが意外と自分の打てる球を知らない選手って多いんですね。そういえば落合氏がタイガース時代の新井選手についてこんなことを言っています。

(9:21~)

「新井はね、自分が好きなボールと(実際にヒットを)打ってるボールが違うんだ」と仰っています。

ですからバッターであるならば、まずは自分が打てる球を知ることが大事なのではないでしょうか?

まあ、参考まで。

もっとヒットを打ちたい方はコチラの教材を。

バッターボックスでの集中力を高めたい方はコチラの教材を。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ドミニカ共和国の野球事情】彼らは野球が好きなわけではない?
  2. 彼らがバットを振れる理由
  3. 野球界にも当たり前のように表に出てくるようになった『yips』
  4. 世界トップレベルの二遊間の関係とは?
  5. 【プロ野球選手の走塁ミスに学ぶ】帰塁のルールとは?

関連記事

  1. バッティング

    【フライボール革命】忘れてはいけないことは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。『フライボール革…

  2. バッティング

    【花咲徳栄の優勝で幕を閉じました】花咲徳栄の強打を作ったのは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今年の夏の高校野…

  3. バッティング

    【目先の1安打も大事だけど…】打者・大谷翔平選手から学ぶべき事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズン、ML…

  4. バッティング

    あの安打製造機が語るバットコントロールとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。篠塚氏が話すバッ…

  5. バッティング

    野球選手がよくやるロングティー。打ち方は何種類?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ロングティーって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    野球界にも当たり前のように表に出てくるようになった『yips』
  2. バッティング

    クリス・ブライアント選手の無駄のないスイング
  3. フィジカル

    【こんな時代の選手だからこそ…】身体操作術を極めてみる
  4. バッティング

    【バッティング】あなたの打ちやすいタイミングのとり方は?
  5. マインド

    野球選手としての心構えとは?
PAGE TOP