フィールディング

世界トップレベルの二遊間の関係とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日は世界トップレベルの二遊間の関係をお伝えしようと思います。

これは、現在、世界一を目指して戦っているヒューストン・アストロズのカルロス・コレア選手とホセ・アルトゥーベ選手のカットプレー(カットオフプレー)のお話なんですが…

例えばランナーが一塁にいる時に左中間に打球が飛びました。その時にキャッチャーは「ホームにつなげ!」と指示しています。この時、一般的にはショートの選手がカットマン(カットオフマン)になって、セカンドの選手はバックアップをしますよね。

では逆に同じ状況で右中間に打球が飛んだ場合はどうでしょう?

その場合はセカンドの選手がカットマンで、ショートの選手はバックアップでしょうか?

まあ、これが一般的ですよね。

ところが世界トップレベルの二遊間コンビはハッキリしています。どうハッキリしているのかというと…

コレア選手が間に合うのであればカットマンは全てコレア選手なんですね。

要はアルトゥーベ選手よりもコレア選手の方が肩が強く速いボールが投げられるということだと思うんですが右中間に打球が飛んだ時はこんな感じになります。

(動画はコチラです)

で、さらに言うとライト線への打球(三塁打)でもこんな感じになります。

(動画はコチラです)

まあ、要するに「カットプレー(カットオフ)は変な固定観念に縛られる必要はないですよ」ということです。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 基本に忠実にノックを受けるプロ野球選手
  2. 【バッティング】掛布氏が伝えたステップの仕方とは?
  3. 【ジャイアンツ・岡本和真選手の守備はリーグ1、2を争う?】ファーストを守る選手が…
  4. 今、世界一のピッチャーはクレイトン・カーショウ投手!
  5. 【世界最先端】あのピッチャーが急成長している理由とは?

関連記事

  1. フィールディング

    【ハロルド・レイノルズ氏から学ぶ】ライリードリルとハンドリングドリル

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はハロルド・…

  2. フィールディング

    保護中: 【守備のセンスを磨くために】まず、やるべき事とは…(パスワードは3月23日[金]のBBB通…

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  3. フィールディング

    【ジョー・ジラルディ前監督が教える】フレーミング技術

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨シーズンまでヤ…

  4. フィールディング

    1993年に56個のエラーをしたにも関わらずスーパースターになった選手とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。誰もが認める野球…

  5. フィールディング

    【海外のドリルから学ぶ】内野手の反応をよくするには…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昔、電電近畿やN…

  6. フィールディング

    【12球団ナンバー1】すごいキャッチャーが出てきた!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。もうご存知だとは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィジカル

    【ふくらんだ体を持って重いウエイトを挙げられるだけでは強いと言わない】元囚人が教…
  2. ベースランニング

    【よく見ておきましょう】ランナーの動き
  3. バッティング

    保護中: 天才と言われたバッターが語る『構え方』とは?【パスワードは1月29日の…
  4. バッティング

    【32年ぶりの記録更新ということで…】32年ぶりに清原和博氏のホームランを見てみ…
  5. ピッチング

    MLB(メジャーリーグベースボール)で1640イニング投げてきたピッチャーのトレ…
PAGE TOP