バッティング

ホームランを打つためには…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

それにしても今年はたくさんのホームランが出ましたが例えばこういうデータがあります。

このデータをどこまで信じるかという問題はありますが、このデータを見ると打球速度が136キロ以上出せない選手はホームランは打てないということがわかります。

おそらくこの事実が問題を難しくするんだと思うんですが…

136キロの打球速度が出せない選手が「時代はフライボールレボリューションだ!」と言ってどれだけフライを打ったところで外野の頭も越えないのが現実なんですね。

だからチームも選手も2つの選択に悩むのではないでしょうか?

1)フライを打ってもホームランにはならないんだから低い打球を打とう!
 
2)今はホームランにはならなくても将来的にホームランを打てるようにフライを打とう!

まあ、どちらを選択するのかはそれぞれの価値観にもよると思いますが現実的な話として多少の誤差はあるにせよ打球速度が136キロ以上出せなければ基本的にはホームランは打てないということです。

まあ、参考まで。

ホームランを打つためのミートポイントを身につけたい選手はこの教材を…

136キロ以上の打球を打ちたい選手はこの教材を…

ぜひ参考にしてみてください。

では、また。

member   35  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. プロ野球選手になる方法があるとすれば…
  2. 千葉ロッテマリーンズ・井口資仁選手のバッティング理論
  3. 【田口壮氏が語る】自身の高校時代
  4. ボールを捕るときにジャンプをすると目線がブレない。
  5. 【32年ぶりの記録更新ということで…】32年ぶりに清原和博氏のホームランを見てみ…

関連記事

  1. バッティング

    よく打つバッターは自分の◯◯◯◯を知っている

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。Sportiva…

  2. バッティング

    【花咲徳栄の優勝で幕を閉じました】花咲徳栄の強打を作ったのは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今年の夏の高校野…

  3. バッティング

    噂の新外国人の評価が低いようだが…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。阪神の新外国人の…

  4. バッティング

    別格。だからこそ厳しく!【吉田選手のバッティングについて】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。去年の今頃ですね…

  5. バッティング

    アレックス・ロドリゲス氏が語るバッティング理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。あのアレックス・…

  6. バッティング

    イチロー選手が語る『肉体のこと』と『バッティングのこと』。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、イチロー選…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    ティーバッティングを工夫して新しい感覚を掴む!
  2. マインド

    【当たり前すぎて気付かない】私たちは毎日大切なプレゼントを受け取っている
  3. 野球脳

    自分を知るのは当たり前。その上で…
  4. フィールディング

    ボテボテのサードゴロをバックハンドでアウトに!
  5. バッティング

    世界レベルのバッターたちはどんな意識でバッティング練習をしているのか?
PAGE TOP