バッティング

ホームランを打つためには…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

それにしても今年はたくさんのホームランが出ましたが例えばこういうデータがあります。

このデータをどこまで信じるかという問題はありますが、このデータを見ると打球速度が136キロ以上出せない選手はホームランは打てないということがわかります。

おそらくこの事実が問題を難しくするんだと思うんですが…

136キロの打球速度が出せない選手が「時代はフライボールレボリューションだ!」と言ってどれだけフライを打ったところで外野の頭も越えないのが現実なんですね。

だからチームも選手も2つの選択に悩むのではないでしょうか?

1)フライを打ってもホームランにはならないんだから低い打球を打とう!
 
2)今はホームランにはならなくても将来的にホームランを打てるようにフライを打とう!

まあ、どちらを選択するのかはそれぞれの価値観にもよると思いますが現実的な話として多少の誤差はあるにせよ打球速度が136キロ以上出せなければ基本的にはホームランは打てないということです。

まあ、参考まで。

ホームランを打つためのミートポイントを身につけたい選手はこの教材を…

136キロ以上の打球を打ちたい選手はこの教材を…

ぜひ参考にしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 保護中: ジャイアンツトークショーの音声を特別に大公開!【ジャイアンツの坂本選手…
  2. 【菊池選手のこの言葉】胸に刻んでください。
  3. ドミニカ人が教える内野守備論
  4. プロ野球で176勝をしたピッチャーのコマンド能力
  5. あのマニー・マチャド選手が見せた相手を讃える姿。

関連記事

  1. バッティング

    中学時代は6番バッター?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。面白いコラムがあ…

  2. バッティング

    世界一飛ばす選手のバッティング理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ジャンカルロ・ス…

  3. バッティング

    キャッチャーが見失ってしまうほどのスイングをする高校生。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日刊スポーツの写…

  4. バッティング

    バッターにとってゴロはお金にならない

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。トロント・ブルー…

  5. バッティング

    クリス・ブライアント選手の無駄のないスイング

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨年のナ・リーグ…

  6. バッティング

    180キロ以上の打球が打てる大谷翔平という怪物

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。私がお休みをいた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    野球界にも当たり前のように表に出てくるようになった『yips』
  2. フィールディング

    【野村克也氏から学ぶ】配球理論
  3. バッティング

    故グウィン氏にはイチロー選手のバッティングはおかしく見えていた…
  4. マインド

    プレイボールの意味とは?
  5. マインド

    【球団に対する冒とく行為で戦力外】あなたも気をつけてください。
PAGE TOP