ベースランニング

ビリー・ハミルトン選手のリードとは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

残念ながら今年も盗塁王は獲れませんでしたが毎年のように50盗塁以上を記録するビリー・ハミルトン選手。

そんな彼のリードがちょっと変わってるんです。

どう変わっているのかというと静止しないんですね。こんな風にずっと足踏みをしてるんです。

こんなリードをしたことがないのでどんな感覚なのかわかりませんが、もしスタートに悩んでいるのであれば試してみてはいかがでしょうか?

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. なかなか見れない指導者としての、この姿勢。
  2. アレックス・ロドリゲス氏が語るバッティング理論
  3. サイ・ヤング賞を5回受賞した大投手のレッスンとは?
  4. 野球選手としての心構え
  5. ビリー・ハミルトン選手のリードとは?

関連記事

  1. ベースランニング

    【鈴木尚広氏から学ぶ】誰も教えてくれなかった盗塁のコツ

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。盗塁成功率82.…

  2. ベースランニング

    野球選手なら積極的な走塁を身につけよう!そのために知っておくべき事とは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はワンバウン…

  3. ベースランニング

    自分にとってベストのリード幅を作ろう!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、元ジャイア…

  4. ベースランニング

    【良い選手になるために…】決して隙は見せない!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日は面白いプレ…

  5. ベースランニング

    【三塁ランナー】1点を取り損なっていませんか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。どうか、この教材…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. マインド

    井の中の蛙が野球界で生き残るのは難しい…
  2. ベースボールIQ

    見えない部分を見れる選手。見えない部分を言葉にできる選手。それは…
  3. ピッチング

    『そうする』のではなくて『そうなる』もの
  4. フィジカル

    【肩の力を抜くにはどうすればいいのか?】直接操作ではなく間接的に!
  5. バッティング

    これからの時代に大切になってくるバント。そこで【バントの極意】を制作します!
PAGE TOP