バッティング

【貴重映像】コディ・ベリンジャー選手の少年時代

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今シーズンデビューしたドジャースのコディ・ベリンジャー選手。

すでに34本ものホームランを打ってブレイク中です。

そんなベリンジャー選手なんですが実は2007年のリトルリーグワールドシリーズに出場していたんですね。

1995年7月13日生まれのコリンジャー選手は現在身長6.4ft(193cm)、体重210lbs(95.3kg)なんですが12歳の時点では身長が5.1ft(155cm)、体重は87lbs(39.5kg)だったようです。実際、ドラフト時(17歳)には6.4ft(193cm)だったので5年で身長が38cmも伸びたんですね。

では、そんなベリンジャー選手の12歳の時の貴重な映像をぜひご覧ください。

ちなみにこちらは高校時代の映像です。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 練習に取り組む姿勢とは?
  2. あのメジャーリーガーたちもベースランニングの練習をしている
  3. 【世界一の捕手であるヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】強いチームのキャッチャーと…
  4. 【世界一の遊撃手であるアンドレルトン・シモンズ選手から学ぶ】内野手としての意識
  5. 大ブレイクしたコディ・ベリンジャー選手のお父さんがベリンジャー選手を語る

関連記事

  1. バッティング

    野球選手はバッティングの時の打球音を聞いてみよう!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。野球選手にとって…

  2. バッティング

    世界レベルのバッターたちはどんな意識でバッティング練習をしているのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズン球団最…

  3. コーチング

    指導者は野球選手の枠を破壊してやる!【バッティング指導法】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。これは僕個人の勝…

  4. バッティング

    【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はアーロン・…

  5. バッティング

    【想像を絶する大活躍】小さい選手が打てる理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。各地で高校野球が…

  6. バッティング

    【3年前のあの選手】あの時点では活躍するのは難しいと感じた理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はちょっと昔…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    内野守備ドリル
  2. フィールディング

    井端コーチが京田選手に伝えていたゴロの捕り方とは?
  3. ベースランニング

    ヘッドスライディングは速いのか?
  4. マインド

    野球選手としての夢を実現したければ、行動せよ!
  5. コーチング

    野球選手としての成長は努力と比例しない。
PAGE TOP