バッティング

【貴重映像】コディ・ベリンジャー選手の少年時代

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今シーズンデビューしたドジャースのコディ・ベリンジャー選手。

すでに34本ものホームランを打ってブレイク中です。

そんなベリンジャー選手なんですが実は2007年のリトルリーグワールドシリーズに出場していたんですね。

1995年7月13日生まれのコリンジャー選手は現在身長6.4ft(193cm)、体重210lbs(95.3kg)なんですが12歳の時点では身長が5.1ft(155cm)、体重は87lbs(39.5kg)だったようです。実際、ドラフト時(17歳)には6.4ft(193cm)だったので5年で身長が38cmも伸びたんですね。

では、そんなベリンジャー選手の12歳の時の貴重な映像をぜひご覧ください。

ちなみにこちらは高校時代の映像です。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. チャーリー・ブラックモン選手のスライディング技術
  2. 私が考える究極のバッティングフォームを持つ男とは?
  3. 【ジャイアンツ・坂本勇人選手】彼が日本人の内野守備に対する常識を変えてくれるかも…
  4. あのマニー・マチャド選手が見せた相手を讃える姿。
  5. イチロー選手が語る『肉体のこと』と『バッティングのこと』。

関連記事

  1. バッティング

    【元コーチが語る】大谷翔平選手のスイングの秘密とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、私の親友が…

  2. バッティング

    イチロー選手のバッティングから学ぶ。《連ティーに隠さているものとは?》

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。細かい事を言い出…

  3. バッティング

    どうしたら野手がプロ野球選手になれるか考えてみたことはありますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はどうしたら…

  4. バッティング

    【秋山幸二氏が語った】本当に凄かったバッターは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。西日本新聞の記事…

  5. バッティング

    ホームランの打ち方は2つある。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。イチロー選手はホームラ…

  6. バッティング

    【ついに、あの番組が…】西川龍馬を取り上げた!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。なんと!我が母校…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    史上最強と言われた中学野球チームの戦術とは?
  2. フィールディング

    内野手のハンドリングを上手くする練習方法。
  3. バッティング

    【秋山幸二氏が語った】本当に凄かったバッターは?
  4. マインド

    【田口壮氏が語る】自身の高校時代
  5. コーチング

    野球選手としての成長は努力と比例しない。
PAGE TOP