フィジカル

【こんな時代の選手だからこそ…】身体操作術を極めてみる

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先日もテレビで史上最多のホームランが出た高校野球の特集がされていましたが大変な時代になってきましたね。

①トレーニング
②食事
③戦術(フライボール革命)

賛否はあるかもしれませんが驚くような取り組みが現実に高校野球を変えていっています。

そんな世界で結果を出すのは本当に大変だと思いますが、一つの考え方としてはまだ体の使い方(身体操作術)は追求されていないような気がします。

もしかすると、こういうところから新たな光が見えてくるかもしれません。

もちろん、この2つの教材も身体操作術を覚えるのにオススメです。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 世界一の右腕が行うトレーニング
  2. 保護中: 【多くの野球人がよく間違える…】グラブを立てるとは?(パスワードは2月…
  3. 最高のプレーをするための心構えとは?【レギュラー争いに負けそうな時、どう考えます…
  4. ビリー・ハミルトン選手のリードとは?
  5. プホルス選手のバッティング理論から考える【野球選手として成長するために…】

関連記事

  1. フィジカル

    ミスショットを減らしてヒットを量産する方法

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。瞬達めがねの話を…

  2. フィジカル

    【ソーシャルファシリテーション】社会的促進を利用した上達法とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ソーシャルファシ…

  3. フィジカル

    身体能力はセンスではない

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。東京大学大学院の…

  4. フィジカル

    子どもの身長を伸ばすためにできること

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は身長につい…

  5. ピッチング

    【結局の話】勝つのは感度が高い選手

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズンからM…

  6. フィジカル

    ジョコビッチの生まれ変わる食事

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。広島カープの菊池…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    ホームランを打つためには…
  2. フィールディング

    2000本安打を達成した荒木選手に贈った落合氏の言葉
  3. ピッチング

    骨盤が後傾してしまうクセが改善できる?
  4. フィジカル

    背面キャッチをやってみた【野球選手としてプレーの精度を高めるためには…】
  5. マインド

    あの国民栄誉賞を受賞した野球選手はどのようにして育てられたのか?
PAGE TOP