ベースランニング

【鈴木尚広氏から学ぶ】誰も教えてくれなかった盗塁のコツ

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

盗塁成功率82.9%

これはNPBで200盗塁以上した選手の中では史上最も高い成功率です。また通算228盗塁のうち代走での出場で決めた盗塁数は132盗塁。要するに誰よりも警戒された状況の中で誰よりも高い確率で盗塁を決めてきた。それが鈴木尚広氏です。そんな鈴木尚広氏が盗塁について話している動画がありましたので、今日はその動画を紹介させていただきます。

1)自分を知る
2)ピッチャーを見過ぎない
3)力を抜く
4)動く歩道
5)究極のスライディング

非常に素晴らしいお話ですので、ぜひ学んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 井端コーチが言ったとされる「ゴロは右足の前で捕れ」。この言葉の捉え方を間違えると…
  2. そろそろピックオフ(牽制球)も世界基準に!
  3. 【世界は広い!】18歳で160キロのスローイングをする選手
  4. メジャーリーガーたちも恐れたピッチングフォームが誕生したのは…
  5. 盗塁のスタートを良くするための反応練習法とは?

関連記事

  1. ベースランニング

    チャーリー・ブラックモン選手のスライディング技術

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。すでにMLBでは…

  2. ベースランニング

    【ソフトバンクの今宮選手から学ぶ】二塁走者の第2リード

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はソフトバン…

  3. ベースランニング

    ピッチャーに錯覚させる一塁走者のリードの仕方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。来シーズンからヤ…

  4. ベースランニング

    【アウト?セーフ?】打球が走者に当たった場合

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日の阪神と巨人…

  5. ベースランニング

    盗塁のスタートを良くするために知っておくべき事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨年引退したジャ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    【日本とアメリカ】スローイングの時によくある違いとは?
  2. フィジカル

    じっとしてても180キロの打球は打てるようにはならない【180キロの打球を打てる…
  3. コーチング

    野球選手の育て方には解放という方法もある。
  4. マインド

    野球選手としての心構え
  5. コーチング

    なぜプロ野球選手が育つのか?【野球選手としての本能を消してしまうな!】
PAGE TOP