バッティング

【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はアーロン・ジャッジ選手の変化について見てみましょうか。

昨年、メジャーデビューをして初打席でいきなりホームランを打ったアーロン・ジャッジ選手ですが、その後はメジャーのピッチャーに苦しみます。84打数で4本のホームランを打ちましたが打率は.179だったんですね。その選手が今年は327打数で30本のホームランを打ち、打率も.312でOPSは1.078という数字を残しています。これだけの進化というのはもちろん目に見える部分の変化だけで成し遂げられるものではないとは思いますが、実際に目に見えて変わった部分があるのも事実です。そこで、今日はハロルド・レイノルズ氏が話しているアーロン・ジャッジ選手の目に見える変化をご覧いただきたいと思います。では、どうぞ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【海外のドリルから学ぶ】内野手の反応をよくするには…
  2. あの世界トップレベルの日本人選手の凄さは体力測定には出ない
  3. 【簡単に信じない】だって9割は嘘だから…
  4. あのトム・ハウス氏が指導している貴重な映像
  5. 小学生の時にやっておかなければいけない事がある。

関連記事

  1. バッティング

    【想像を絶する大活躍】小さい選手が打てる理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。各地で高校野球が…

  2. バッティング

    美人ほど整形したがる【野球界も一緒なのか?】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。飛距離と確率。…

  3. バッティング

    ホームランを打つためには…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。それにしても今年…

  4. バッティング

    【ワールドベースボールクラシックで見えてきた】強打を誇るチームの打球傾向

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本代表は本当に…

  5. バッティング

    どうしたら野手がプロ野球選手になれるか考えてみたことはありますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はどうしたら…

  6. バッティング

    プリンス・フィルダー氏のバッティング感覚

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。すでに引退してし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    オリックス・安達了一選手が教える守備の奥義とは?
  2. フィジカル

    背面キャッチをやってみた【野球選手としてプレーの精度を高めるためには…】
  3. マインド

    【簡単に信じない】だって9割は嘘だから…
  4. ベースランニング

    ビリー・ハミルトン選手のリードとは?
  5. バッティング

    【バッターボックスに立ったとき】ピッチャーのどこを見ていますか?
PAGE TOP