バッティング

【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はアーロン・ジャッジ選手の変化について見てみましょうか。

昨年、メジャーデビューをして初打席でいきなりホームランを打ったアーロン・ジャッジ選手ですが、その後はメジャーのピッチャーに苦しみます。84打数で4本のホームランを打ちましたが打率は.179だったんですね。その選手が今年は327打数で30本のホームランを打ち、打率も.312でOPSは1.078という数字を残しています。これだけの進化というのはもちろん目に見える部分の変化だけで成し遂げられるものではないとは思いますが、実際に目に見えて変わった部分があるのも事実です。そこで、今日はハロルド・レイノルズ氏が話しているアーロン・ジャッジ選手の目に見える変化をご覧いただきたいと思います。では、どうぞ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 野球選手がホームランを打ちたいと思ったら、ここからスタート!
  2. あなたが本当の自分を知りたいのであれば…
  3. 【西武ライオンズの水口選手から学ぶ】12球団で最も小柄な選手のスイング哲学
  4. あのメジャーリーガーたちもベースランニングの練習をしている
  5. 保護中: フェデラー選手の凄さとは?【パスワードは2月6日のBBB通信で】

関連記事

  1. バッティング

    【想像を絶する大活躍】小さい選手が打てる理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。各地で高校野球が…

  2. バッティング

    あなたはストライクゾーンを知っていますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。打ち方を追求する…

  3. バッティング

    世界一飛ばす選手のバッティング理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ジャンカルロ・ス…

  4. バッティング

    キャッチャーが見失ってしまうほどのスイングをする高校生。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日刊スポーツの写…

  5. バッティング

    【松中信彦氏が語る】15歳以下の野球選手の育て方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。NPBで三冠王に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    世界レベルのバッターたちはどんな意識でバッティング練習をしているのか?
  2. フィジカル

    ミスショットを減らしてヒットを量産する方法
  3. マインド

    強いチームには良い空気が流れている。
  4. バッティング

    【貴重映像】コディ・ベリンジャー選手の少年時代
  5. バッティング

    MLBを代表するヒットメーカーたちの共通点とは?
PAGE TOP