バッティング

【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はアーロン・ジャッジ選手の変化について見てみましょうか。

昨年、メジャーデビューをして初打席でいきなりホームランを打ったアーロン・ジャッジ選手ですが、その後はメジャーのピッチャーに苦しみます。84打数で4本のホームランを打ちましたが打率は.179だったんですね。その選手が今年は327打数で30本のホームランを打ち、打率も.312でOPSは1.078という数字を残しています。これだけの進化というのはもちろん目に見える部分の変化だけで成し遂げられるものではないとは思いますが、実際に目に見えて変わった部分があるのも事実です。そこで、今日はハロルド・レイノルズ氏が話しているアーロン・ジャッジ選手の目に見える変化をご覧いただきたいと思います。では、どうぞ。

member   35  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【田中将大投手から学ぶ】キャッチボールで意識している事とは?
  2. 日本野球の守備に問題があるのはもう分かった。だったら次のレベルに進もう!
  3. 神様のバッティング理論
  4. プレイボールの意味とは?
  5. ブライス・ハーパー選手に学ぶ【ホームランを打つための体づくり】

関連記事

  1. バッティング

    長嶋茂雄氏×王貞治氏

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。【長嶋茂雄氏×王…

  2. バッティング

    ロビンソン・カノ選手が実践しているカノ・ドリルとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日はロビンソン…

  3. バッティング

    【現在ナショナル・リーグ打率3位】ジャスティン・ターナー選手のバッティング理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。すでにシーズンも…

  4. バッティング

    MLBで600本のホームランを打ったプホルス選手の歴史と哲学

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、アルバート…

  5. バッティング

    噂の新外国人の評価が低いようだが…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。阪神の新外国人の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    噂の新外国人の評価が低いようだが…
  2. フィールディング

    広岡達朗氏の守備を開眼させたドン・ブレイザーの守備に対する姿勢
  3. ピッチング

    世界一の右腕が行うトレーニング
  4. マインド

    【大阪桐蔭のキャプテンから学ぶ】この時代に求められている野球選手とは?
  5. フィールディング

    世界トップレベルの二遊間の関係とは?
PAGE TOP