バッティング

【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はアーロン・ジャッジ選手の変化について見てみましょうか。

昨年、メジャーデビューをして初打席でいきなりホームランを打ったアーロン・ジャッジ選手ですが、その後はメジャーのピッチャーに苦しみます。84打数で4本のホームランを打ちましたが打率は.179だったんですね。その選手が今年は327打数で30本のホームランを打ち、打率も.312でOPSは1.078という数字を残しています。これだけの進化というのはもちろん目に見える部分の変化だけで成し遂げられるものではないとは思いますが、実際に目に見えて変わった部分があるのも事実です。そこで、今日はハロルド・レイノルズ氏が話しているアーロン・ジャッジ選手の目に見える変化をご覧いただきたいと思います。では、どうぞ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 強烈なリーダーシップを持つ男に注目!
  2. 【星稜高校野球部名誉監督・山下智茂氏が語る】大阪桐蔭の強さの秘密
  3. 野球というゲームを大きく変えた『極端なシフト』がなくなる?
  4. 【日本野球】相手を讃える姿をもっと見たい!
  5. 内野守備が巧くなりたければ本能を呼び起こせ!

関連記事

  1. バッティング

    メカニズムとセンスのバランスはとれていますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。いつも思うことで…

  2. バッティング

    【バッティング】世界で一番ヒットを打った選手が送るアドバイス

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はバッティン…

  3. バッティング

    【フライボール革命】忘れてはいけないことは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。『フライボール革…

  4. コーチング

    【プホルス選手のバッティング理論から考える】選手のための指導とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は貴重な動画…

  5. バッティング

    どんなボールにもついていけるようになる遊びとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ホセ・アルトゥー…

  6. バッティング

    あの名選手が野球少年たちに送ったメッセージとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨年末のテレビ番…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    キャッチングの方法
  2. ピッチング

    【フライボール革命が叫ばれているからこそ…】この変化球を手に入れろ!
  3. コーチング

    ルディ・デュランコーチに学ぶ【アスリートの育て方】
  4. フィールディング

    【ゴードン選手から学ぶ】なぜ、そこにいないといけないのか
  5. コーチング

    【考える野球】ところで選手たちは考えられるほど野球を知ってますか?
PAGE TOP