バッティング

【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はアーロン・ジャッジ選手の変化について見てみましょうか。

昨年、メジャーデビューをして初打席でいきなりホームランを打ったアーロン・ジャッジ選手ですが、その後はメジャーのピッチャーに苦しみます。84打数で4本のホームランを打ちましたが打率は.179だったんですね。その選手が今年は327打数で30本のホームランを打ち、打率も.312でOPSは1.078という数字を残しています。これだけの進化というのはもちろん目に見える部分の変化だけで成し遂げられるものではないとは思いますが、実際に目に見えて変わった部分があるのも事実です。そこで、今日はハロルド・レイノルズ氏が話しているアーロン・ジャッジ選手の目に見える変化をご覧いただきたいと思います。では、どうぞ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ”遊び”がなければ20勝投手は生まれなかった
  2. 誰も教えてくれなかった『あなたの体の使い方』
  3. 野球選手の育て方には解放という方法もある。
  4. 【ソフトバンクの今宮選手から学ぶ】二塁走者の第2リード
  5. 【3年前から始まった丸ノート】果たしてその内容は?

関連記事

  1. バッティング

    【ホセ・アルトゥーベ選手が語る】『ハサミ』と呼ばれるバッティング技術とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。あのホセ・アルト…

  2. バッティング

    【フライボール革命】忘れてはいけないことは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。『フライボール革…

  3. バッティング

    世界のホームラン王のバッティング理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。「世界のホームラ…

  4. バッティング

    野球選手として自分のスタイルを崩さない強さを持つことの大切さ

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今キャンプでは中…

  5. バッティング

    常に自分の体と向き合い続けている偉大なバッター

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日2000本安…

  6. バッティング

    【4年連続200安打を達成!】アルトゥーベ選手のバッティングを切り取ってみる

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。アルトゥーベ選手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    まだ悩んでいない野球選手にバッティングフォームを教えるのは効果があるのだろうか?…
  2. フィジカル

    少年野球は少年サッカーから体づくりを学ぶべきである。
  3. フィールディング

    外野手がよく言われる「先に下がれ!」とは?
  4. バッティング

    5人のスイングチャレンジで1位に輝いたのは?
  5. フィールディング

    「キャッチボールの時の意識を変えたらバッティングが良くなります」って聞いたら驚き…
PAGE TOP