バッティング

【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はアーロン・ジャッジ選手の変化について見てみましょうか。

昨年、メジャーデビューをして初打席でいきなりホームランを打ったアーロン・ジャッジ選手ですが、その後はメジャーのピッチャーに苦しみます。84打数で4本のホームランを打ちましたが打率は.179だったんですね。その選手が今年は327打数で30本のホームランを打ち、打率も.312でOPSは1.078という数字を残しています。これだけの進化というのはもちろん目に見える部分の変化だけで成し遂げられるものではないとは思いますが、実際に目に見えて変わった部分があるのも事実です。そこで、今日はハロルド・レイノルズ氏が話しているアーロン・ジャッジ選手の目に見える変化をご覧いただきたいと思います。では、どうぞ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【野村克也氏から学ぶ】配球理論
  2. 世界一のピッチャーの準備とは?
  3. あの選手はこれで50mを5.7秒で走れるようになった!【野球選手もスピードが求め…
  4. 【バッティング】あなたの打ちやすいタイミングのとり方は?
  5. 犬がボールを追いかけるように…

関連記事

  1. バッティング

    噂の新外国人の評価が低いようだが…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。阪神の新外国人の…

  2. バッティング

    【32年ぶりの記録更新ということで…】32年ぶりに清原和博氏のホームランを見てみる

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ここまで凄いと触…

  3. バッティング

    あの坂本勇人選手がZeppを使っていた!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。キャンプ動画を見…

  4. バッティング

    巷で流行りのバッティングドリルを紹介します。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。最近、巷でこっそ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    広岡達朗氏の守備を開眼させたドン・ブレイザーの守備に対する姿勢
  2. バッティング

    長嶋茂雄氏×王貞治氏
  3. フィールディング

    【海外のドリルから学ぶ】内野手の反応をよくするには…
  4. バッティング

    【少しだけ考えてみてください】あなたが最高のスイングをしたとき…
  5. コーチング

    ベースボールバイブルがマネジメントを始めました。
PAGE TOP