バッティング

【まさに芸術】アーロン・ジャッジ選手のバックスクリーン返し

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先ほど2017年のMLBホームランダービーが終わりました。結果はアーロン・ジャッジ選手(ニューヨーク・ヤンキース)の優勝。それにしても圧倒的なバッティングでしたよ。まさに異次元のバッティングでした。どう異次元かって、全方向にホームランを打っちゃうんです。しかも「あっ、今のはこすったな〜」と思った打球がライトスタンドの2階席とかまで飛んじゃうんですから、こんな選手に誰もかないません。基本的な待ち方はバックスクリーン返しでライトスタンド、バックスクリーン、レフトスタンドと逆らわずに打つんですから、そのバッティング技術には驚かされます。あっ、センター返しじゃなくてバックスクリーン返しですのでお間違いなく^^

まあ、僕の話より今日は実際にアーロン・ジャッジ選手のホームランダービーを見てください。柔らかくて強い。まさに芸術です。さあ、どうぞ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. チャーリー・ブラックモン選手のスライディング技術
  2. 【漫画・タッチから学ぶ】覚醒のキッカケとは?
  3. 【野球選手が忘れてしまいがちな話です】技術を身につけるために…
  4. 野球の指導者として一番大事なものは…
  5. イングランドのサッカー協会が選手育成のために作った新しいルールとは?

関連記事

  1. バッティング

    【3年前のあの選手】あの時点では活躍するのは難しいと感じた理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はちょっと昔…

  2. バッティング

    【バッティング】掛布氏が伝えたステップの仕方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。掛布コーチが高山…

  3. バッティング

    【バッティング】あなたの打ちやすいタイミングのとり方は?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。さあ、今日は語り…

  4. バッティング

    【4割に最も近い男から学ぶ】進化の理由(バッティング理論)

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、GET S…

  5. バッティング

    哲学を作り上げる時は経験も大切にしてください!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、こんな記事…

  6. バッティング

    【あらあら差し込まれてますね…】スイング時間の事って考えた事はありますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズン、ここ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィジカル

    ブライス・ハーパー選手に学ぶ【ホームランを打つための体づくり】
  2. バッティング

    【西武ライオンズの水口選手から学ぶ】12球団で最も小柄な選手のスイング哲学
  3. フィールディング

    オーランド・ヘルナンデス氏に学ぶ、世界で通用する内野手の育て方【内野守備の上達法…
  4. バッティング

    【問題】このホームラン。打球の角度は何度でしょうか?
  5. ピッチング

    『そうする』のではなくて『そうなる』もの
PAGE TOP