バッティング

【少しだけ考えてみてください】あなたが最高のスイングをしたとき…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ちょっと質問があるんですが…

「バッターボックスであなたにとって最高のスイングができた時、その打球はどこに飛んでいきますか?」

これ、意外と考えませんよね?

そこに疑問を持った選手がデトロイト・タイガースのJ.D.マルティネス選手です。彼はピッチャーに打ち返すことこそが完璧なスイングだと思っていたそうです。ただ、それだとシングルヒットにしかなりません。そこで彼は「自分は完璧なスイングをしているのにシングルヒットっていうのはおかしくないか?」と考えたそうです。そして、彼のスイングは変わるんですね。

こうして見てみると実際に彼の成績は2014年から上がり始めました。その変化をナイショのベースボールバイブルではお伝えしているんですが今日は特別にその動画をお見せしようと思います。

このように劇的に変化したのがJ.D.マルティネス選手のバッティングなんですが、実はナイショのベースボールバイブルではフライボールレボリューションについてもう少し詳しくお話ししています。非常に大切なお話ですので興味がある方はこの教材をお買い上げください。

今ならナイショのベースボールバイブルへのアクセス権をプレゼントしています。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ”遊び”がなければ20勝投手は生まれなかった
  2. ロビンソン・カノ選手から日本の野球少年たちへのメッセージ
  3. なぜ、あのチームからプロ野球選手が育つのか?
  4. 選手を育成する指導者の基本は…
  5. あの選手がバットの軌道を変えた理由

関連記事

  1. バッティング

    野球選手がホームランを打ちたいと思ったら、ここからスタート!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。あのミゲル・カブ…

  2. バッティング

    【フライボール革命】忘れてはいけないことは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。『フライボール革…

  3. バッティング

    プリンス・フィルダー氏のバッティング感覚

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。すでに引退してし…

  4. バッティング

    【現在ナショナル・リーグ打率3位】ジャスティン・ターナー選手のバッティング理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。すでにシーズンも…

  5. バッティング

    哲学を作り上げる時は経験も大切にしてください!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、こんな記事…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    【(WBC)日本vs.オランダ】勝負の明暗を分けたのは…
  2. マインド

    野球選手なら自分の信じた道を歩めばいい。
  3. フィジカル

    【強い打球が打ちたかったら体重を増やせばいいんですよ】増量に対する考え方
  4. バッティング

    【まさに芸術】アーロン・ジャッジ選手のバックスクリーン返し
  5. フィジカル

    ミスショットを減らしてヒットを量産する方法
PAGE TOP