フィジカル

練習やトレーニングにかける時間を増やすために睡眠時間を削るのはガソリンを入れずに車を走らせようとしているのと同じ

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

フォーブスジャパンに面白い記事があったので紹介させていただきます。

スポーツ専門チャンネルESPNによれば、米プロバスケットボールNBAのレブロン・ジェームズは、1日平均12時間の睡眠を取るという。そうだとすれば、間もなくファイナルが終了する今シーズンの期間中も、ジェームズは半分の時間を眠って過ごしていたということになる。

一方、世論調査の米ギャラップが2013年に発表した調査結果によれば、一般的な米国人の1日の平均睡眠時間は6.8時間にとどまり、1940年代の調査時から1時間減っていた。さらに、同じ調査によれば平均睡眠時間が7時間に満たない人は、国民の40%に上った。

ESPNによれば、1日の半分を眠って過ごすトップアスリートは、ジェームズだけではない。テニスのロジャー・フェデラーもジェームズと同じ、平均12時間の睡眠を取っている。そして、「人類最速の男」ウサイン・ボルト、テニスのヴィーナス・ウィリアムスとマリア・シャラポワ、元NBA選手スティーブ・ナッシュはそれぞれ、1日平均10時間眠っているという。

(中略)

スポーツには睡眠が欠かせないということを示す科学的証拠は増え続けており、この研究結果もその一つということにはなる。ジャーナル「スポーツメディスン」2015年2月号に掲載されたレビュー論文は、次の点を指摘している。

「睡眠不足は最大限に体を使おうと努力したり、運動能力を発揮しようとしたりすることなど、一般的な運動能力には影響を及ぼさないかもしれない。だが、自律神経系や免疫系、思考能力など、運動に直接関連するさまざまな機能を低下させると考えられる。結果として、運動能力に悪影響を及ぼす可能性がある」

当然ながら、睡眠を取れば勝てるというものでもない。十分な睡眠に加えて、才能や能力、自制心、十分な練習を行う習慣がなければいけない。それでも練習やトレーニングにかける時間を増やすために睡眠時間を削ることは、逆効果だといえるだろう。そうした行動は、ガソリンを入れずに車を走らせようとするようなものだ。

一流アスリートは半日眠る 睡眠不足は運動能力を下げるのか | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

・レブロン・ジェームズ、ロジャー・フェデラー、ウサイン・ボルト、ヴィーナス・ウィリアムス、マリア・シャラポワ、スティーブ・ナッシュらは1日10時間以上眠っている。
 
・練習やトレーニングにかける時間を増やすために睡眠時間を削ることは、逆効果。そうした行動は、ガソリンを入れずに車を走らせようとするようなもの。

記事にはこう書かれています。ですから、野球選手たちも睡眠の大切さに気づいていただきたいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. このプレーを見て何も感じられない選手は野球選手として劣っている。
  2. 【バッターにはタイプがある】10年連続3割30本100打点を達成したバッターの感…
  3. 【星稜高校野球部名誉監督・山下智茂氏が語る】大阪桐蔭の強さの秘密
  4. 【スラップ打法で挑んできた!】坂本勇人選手vs.サントス選手の競争は?
  5. デンマークの少年サッカー指導10カ条

関連記事

  1. フィジカル

    運動神経を高めるトレーニング

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。素晴らしいトレーニング…

  2. フィジカル

    すごいすごいと思っていたメジャーリーガー。でも実は…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。アメリカの初優勝…

  3. フィジカル

    足には細かい骨がたくさんあるので、その一本一本が動くように!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズン10秒…

  4. フィジカル

    アメフトのトレーニングから学ぶ《スピードアップのためのトレーニング動画》

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は良いトレー…

  5. ピッチング

    『そうする』のではなくて『そうなる』もの

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。この時期というの…

  6. フィジカル

    うまくない選手のフォームは見てはいけない。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。超える力室伏…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    相反するキャッチング理論。どちらが正しい?
  2. コーチング

    脳科学的な選手育成方法とは?
  3. フィールディング

    【世界は広い!】18歳で160キロのスローイングをする選手
  4. フィールディング

    【名手ペドロイア選手が教える】正面でガッチリとゴロを捕球したら次はどう動くのか?…
  5. フィジカル

    うまくない選手のフォームは見てはいけない。
PAGE TOP