バッティング

常に自分の体と向き合い続けている偉大なバッター

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先日2000本安打を達成した青木宣親選手。小柄な彼になぜ需要があるのか?そんなことが書かれたコラムの中にバッターにとっては非常に参考になることが書かれていたので紹介します。

プロには失礼な言葉だと承知している。

でも、敢えて書きたい。

青木宣親は、「頑張り屋さん」だ、と。

取材に行くたび、話を聞くたび、いつもいつもバッティングのことを考えていた。神宮でも。ミルウォーキーでも。キャンプ地のアリゾナでもフロリダでも。

佐知夫人からこんなことを聞いたことがある。

「家に帰ってくると、まずは映像でバッティングの確認をしていますね」

そういえば、アリゾナでオープン戦が終わった後、一緒に車に乗ると、「ちょっと待ってくださいね」と言ってから、いきなり車内で自分の打撃フォームを映像で確認していた。

「自分の感覚が残っているうちに映像で確かめたいんです。そうすれば、感覚のズレをすぐに修正できるから」

常にフォームを調整し、試合中も映像を確認する。

青木は感覚の人である。

その日、自分が感じていることを大切にしている。バットを持った時、自分が何を感じているかを。

「バットは同じ重さでも、体調によって軽かったり、重かったりしますからね。それを試合前のバッティング練習で確認しつつ、調整する感じです」

私がテレビ番組の司会をやっていた時、毎週、青木の打撃フォームを見ていた。面白いことにバットの角度、スタンスが毎週のように変化していた。調整しながらベストのフォームを探していた。

※なぜ青木宣親はMLBで需要があるか。車でも、試合中も欠かさない作業。(Number)

 
偉大なバッターでありながらいまだに自分の体と向き合い続けている。いや、常に自分の体と向き合い続けているからこそ偉大なバッターになれたのかもしれませんね。バッターとしてのこういう姿勢はぜひとも見習ってほしいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

member   35  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 井の中の蛙が野球界で生き残るのは難しい…
  2. 世界トップレベルの二遊間の関係とは?
  3. 野球が上手くなるための身体と脳の使い方
  4. 【ソーシャルファシリテーション】社会的促進を利用した上達法とは?
  5. プロ野球選手とアマチュア選手に見えるキャッチボールでの意識の差

関連記事

  1. バッティング

    MLBで600本のホームランを打ったプホルス選手の歴史と哲学

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、アルバート…

  2. バッティング

    キャッチャーが見失ってしまうほどのスイングをする高校生。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日刊スポーツの写…

  3. バッティング

    ティーバッティングを工夫して新しい感覚を掴む!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。西武ライオンズの…

  4. バッティング

    惜しくもMVPを逃したバッターから学ぶ【時代に流されない強さ】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日、MLBの今…

  5. バッティング

    【バッティング】2017年ワールドシリーズMVP選手の左足の使い方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。11月上旬の報道…

  6. バッティング

    【花咲徳栄の優勝で幕を閉じました】花咲徳栄の強打を作ったのは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今年の夏の高校野…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    なぜプロ野球選手が育つのか?【野球選手としての本能を消してしまうな!】
  2. バッティング

    ホームランの打ち方は2つある。
  3. ピッチング

    プロ野球で176勝をしたピッチャーのコマンド能力
  4. フィジカル

    桐生選手と室伏氏のトレーニングとは?
  5. フィールディング

    ゴールドグラブ賞を10回も受賞した史上最高の二塁手の秘密とは?
PAGE TOP