バッティング

常に自分の体と向き合い続けている偉大なバッター

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先日2000本安打を達成した青木宣親選手。小柄な彼になぜ需要があるのか?そんなことが書かれたコラムの中にバッターにとっては非常に参考になることが書かれていたので紹介します。

プロには失礼な言葉だと承知している。

でも、敢えて書きたい。

青木宣親は、「頑張り屋さん」だ、と。

取材に行くたび、話を聞くたび、いつもいつもバッティングのことを考えていた。神宮でも。ミルウォーキーでも。キャンプ地のアリゾナでもフロリダでも。

佐知夫人からこんなことを聞いたことがある。

「家に帰ってくると、まずは映像でバッティングの確認をしていますね」

そういえば、アリゾナでオープン戦が終わった後、一緒に車に乗ると、「ちょっと待ってくださいね」と言ってから、いきなり車内で自分の打撃フォームを映像で確認していた。

「自分の感覚が残っているうちに映像で確かめたいんです。そうすれば、感覚のズレをすぐに修正できるから」

常にフォームを調整し、試合中も映像を確認する。

青木は感覚の人である。

その日、自分が感じていることを大切にしている。バットを持った時、自分が何を感じているかを。

「バットは同じ重さでも、体調によって軽かったり、重かったりしますからね。それを試合前のバッティング練習で確認しつつ、調整する感じです」

私がテレビ番組の司会をやっていた時、毎週、青木の打撃フォームを見ていた。面白いことにバットの角度、スタンスが毎週のように変化していた。調整しながらベストのフォームを探していた。

※なぜ青木宣親はMLBで需要があるか。車でも、試合中も欠かさない作業。(Number)

 
偉大なバッターでありながらいまだに自分の体と向き合い続けている。いや、常に自分の体と向き合い続けているからこそ偉大なバッターになれたのかもしれませんね。バッターとしてのこういう姿勢はぜひとも見習ってほしいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

member   35  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. なぜプロ野球選手が育つのか?【野球選手としての本能を消してしまうな!】
  2. 【ワールドベースボールクラシックで見えてきた】強打を誇るチームの打球傾向
  3. 腹筋ができなくても世界一、いや霊長類最強と言われる選手になれた。【だから腹筋をす…
  4. 野球少年がやるべきトレーニングとは?
  5. プロ野球選手になる方法があるとすれば…

関連記事

  1. バッティング

    野球選手がよくやるロングティー。打ち方は何種類?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ロングティーって…

  2. バッティング

    大谷選手はこんな感覚でバッティングをしている?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今頃元日の記事な…

  3. バッティング

    侍ジャパンの選手たちのバットの軌道は?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ジャイアンツの坂…

  4. バッティング

    これからの野球界はバットを強く振れない選手は使ってもらえない。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は母校が登場…

  5. コーチング

    まだ悩んでいない野球選手にバッティングフォームを教えるのは効果があるのだろうか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。こういう記事を見…

  6. バッティング

    プロ野球界で史上最高の右バッターはどうやってバッティングフォームを作っていたのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。「日本人で史上最…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィジカル

    これ、できます?【野球選手ならできてほしい!】
  2. フィールディング

    【世界一の捕手であるヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】強いチームのキャッチャーと…
  3. コーチング

    今、野球人に読んで欲しい一冊。
  4. フィールディング

    内野手のハンドリングを上手くする練習方法。
  5. フィールディング

    井端コーチが言ったとされる「ゴロは右足の前で捕れ」。この言葉の捉え方を間違えると…
PAGE TOP