バッティング

今シーズン絶好調のあのチーム。その強さの秘密は打者たちの意識の変化にあった?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

そういえばダルビッシュ投手がアストロズ打線についてこんなことを言っていました。

この日は序盤からアストロズ打線にファウルで粘られ、球数がかさんだ。過去には、アストロズを相手に2度あわやノーヒットノーランという投球を見せたダルビッシュも、30球団トップの勝率を誇る打線の勢いを感じずにはいられなかた。試合後、会見に臨んだ右腕は、5回の失点場面について質問されると「去年までだったらみんなアグレッシブにどんどん打ちにくるチームだったけど、今日に関しては勝つための野球をする感じがした。ストライクからでも無理にヒットを打ちにいくんじゃなくて、ファウルでいいという感じできていた」と、勝利に対する姿勢を素直に称えた。

打線は今季絶好調のカイケルの前に沈黙。ダルビッシュは援護がもらえない不運もあったが「言い訳は正直ないですし、(自分の)調子もすごくよかったと思います」と、潔く負けを認めた。

※4敗目ダルビッシュ、アストロズ打線称賛「勝つための野球をする感じがした」(Full-count)

バットを振れるのは素晴らしいことだけど、それだけでは怖くはないということでしょうか。実際に今年のアストロズはここまで42勝16敗(勝率.724)と圧倒的な強さを見せています。その強さの秘密はバッターたちの意識の変化なのかもしれませんね。ぜひ、こういう記事を野球上達のヒントにしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. すごいすごいと思っていたメジャーリーガー。でも実は…
  2. 【ヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】キャッチャーの基本練習とは?
  3. これからの野球界はバットを強く振れない選手は使ってもらえない。
  4. 連覇を目指すあのチームに川端健太先生が?
  5. 【ふくらんだ体を持って重いウエイトを挙げられるだけでは強いと言わない】元囚人が教…

関連記事

  1. ベースボールIQ

    野球界に名を残すお二方の対談をご覧ください。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。野村克也氏と古田…

  2. バッティング

    ホームランを打つためには…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。それにしても今年…

  3. バッティング

    【バッティング】掛布氏が伝えたステップの仕方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。掛布コーチが高山…

  4. バッティング

    別格。だからこそ厳しく!【吉田選手のバッティングについて】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。去年の今頃ですね…

  5. バッティング

    プロ野球界で史上最高の右バッターはどうやってバッティングフォームを作っていたのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。「日本人で史上最…

  6. ベースボールIQ

    連覇を目指すあのチームに川端健太先生が?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨年の夏、埼玉県…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    バッターにとってゴロはお金にならない
  2. フィジカル

    人が能力を発揮する時というのは…
  3. バッティング

    【バッティング】スイングする時、軸足に体重は残ってない?
  4. 教材をご購入いただいた方へ

    保護中: 〜あなたに知って欲しい5つの話〜 BASEBALL BIBLE【004…
  5. フィジカル

    これ、できます?【野球選手ならできてほしい!】
PAGE TOP