バッティング

今シーズン絶好調のあのチーム。その強さの秘密は打者たちの意識の変化にあった?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

そういえばダルビッシュ投手がアストロズ打線についてこんなことを言っていました。

この日は序盤からアストロズ打線にファウルで粘られ、球数がかさんだ。過去には、アストロズを相手に2度あわやノーヒットノーランという投球を見せたダルビッシュも、30球団トップの勝率を誇る打線の勢いを感じずにはいられなかた。試合後、会見に臨んだ右腕は、5回の失点場面について質問されると「去年までだったらみんなアグレッシブにどんどん打ちにくるチームだったけど、今日に関しては勝つための野球をする感じがした。ストライクからでも無理にヒットを打ちにいくんじゃなくて、ファウルでいいという感じできていた」と、勝利に対する姿勢を素直に称えた。

打線は今季絶好調のカイケルの前に沈黙。ダルビッシュは援護がもらえない不運もあったが「言い訳は正直ないですし、(自分の)調子もすごくよかったと思います」と、潔く負けを認めた。

※4敗目ダルビッシュ、アストロズ打線称賛「勝つための野球をする感じがした」(Full-count)

バットを振れるのは素晴らしいことだけど、それだけでは怖くはないということでしょうか。実際に今年のアストロズはここまで42勝16敗(勝率.724)と圧倒的な強さを見せています。その強さの秘密はバッターたちの意識の変化なのかもしれませんね。ぜひ、こういう記事を野球上達のヒントにしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【まさに芸術】アーロン・ジャッジ選手のバックスクリーン返し
  2. あのピート・ローズ氏が最高の練習だと言っているのは…
  3. 【肩の力を抜くにはどうすればいいのか?】直接操作ではなく間接的に!
  4. 【挟殺】決して諦めるな!
  5. 【西武ライオンズの水口選手から学ぶ】12球団で最も小柄な選手のスイング哲学

関連記事

  1. バッティング

    高校野球界トップレベルのシートバッティング

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。YouTubeに…

  2. ベースボールIQ

    【広島東洋カープ・丸選手】彼の成績が年々上昇する理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。広島東洋カープの…

  3. バッティング

    【あの大打者が語る】バッターがやるべき練習とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。1997年の映像…

  4. ベースボールIQ

    【ビル・リプケン氏から学ぶ】打者を抑えるための配球理論とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ビル・リプケン氏…

  5. バッティング

    あのピート・ローズ氏が最高の練習だと言っているのは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。MLBの歴史の中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    【バッティング】2017年ワールドシリーズMVP選手の左足の使い方とは?
  2. ベースボールIQ

    【アレックス・ロドリゲス氏がブレグマン選手にインタビュー】その打ち方とは?
  3. バッティング

    【32年ぶりの記録更新ということで…】32年ぶりに清原和博氏のホームランを見てみ…
  4. フィールディング

    【キャッチャーの送球】プロとアマの違いとは?
  5. バッティング

    【近い将来】ブレイク必至のこの選手(※要注目)
PAGE TOP