バッティング

キャッチャーが見失ってしまうほどのスイングをする高校生。

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

日刊スポーツの写真はちょっとビックリさせられる写真でした。
↓↓↓
清宮消えた95号捕手が見失う筒香&バレ級スイング(日刊スポーツ)

(画像はスクリーンショットです)

作新学院の加藤捕手が打球を見失っているのが分かる写真なんですが、この現象についてプロ野球のキャッチャーたちはこんなことを言っているそうです。

侍ジャパンで正捕手だった巨人小林はスラッガーの名を挙げ、理由を推察した。

小林 捕手からすれば、ポイントが近く、スイングの強い打者は急にバットが出てくるようなイメージ。(DeNA)筒香や(ヤクルト)バレンティンなんかがそうです。

小林とともに侍ジャパンに選出された西武炭谷も同じ考えだ。

炭谷 ボールを捕りにいって、バットが急に出てきたら、普通の人なら一瞬目を閉じます。スイングが強くて、速い清宮君なら打球を見失う可能性はあるかもしれません。

※清宮消えた95号捕手が見失う筒香&バレ級スイング(日刊スポーツ)

この写真を見ても分かるようにスイングはすでにプロ野球界の中でもトップクラスのスイングなんだと思います。あとは対応力ですね。プロ野球のピッチャーたちのボールにどれだけ対応できるのかが楽しみです。

あまり見たこともないのにこんなことを言うのは無責任かもしれませんけど…。結構、対応しそうな気がするんですよね。もちろん最初は崩されまくるでしょうけど、慣れれば対応するんじゃないかなと…。そんな感じがしています。それよりも捕ったり、投げたりで苦労してしまいそうなのでそっちが心配ですが…。あっ、余計なお節介でした。すみません。でも素晴らしいスイング力ですね。上達を目指す多くの野球選手もこういうスイングを目指して欲しいと思います。そのためにも、ぜひコチラの教材で学んでみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 競技生活を長くできた理由とは?
  2. 【小久保裕紀氏に学ぶ】チームを強くした伝統とは?
  3. ホームランを打つためには…
  4. 1993年に56個のエラーをしたにも関わらずスーパースターになった選手とは?
  5. 「キャッチボールの時の意識を変えたらバッティングが良くなります」って聞いたら驚き…

関連記事

  1. バッティング

    噂の新外国人の評価が低いようだが…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。阪神の新外国人の…

  2. バッティング

    【バッティング】掛布氏が伝えたステップの仕方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。掛布コーチが高山…

  3. バッティング

    安打製造機と言われる選手のバッティングの秘密とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は安打製造機の秘密…

  4. バッティング

    【フライボールレボリューション】あの中村紀洋氏がバッターに伝えていることは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今年から高校野球…

  5. バッティング

    180キロ以上の打球が打てる大谷翔平という怪物

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。私がお休みをいた…

  6. バッティング

    これからの時代に大切になってくるバント。そこで【バントの極意】を制作します!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ただいま前川さん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    【日本人右打者歴代2位】その選手のバットコントロールを磨いたのは丸太?
  2. フィールディング

    【32億円の男から学ぶ】スピードや強さがなくてもトップでいれる理由
  3. ピッチング

    プロ野球選手とアマチュア選手に見えるキャッチボールでの意識の差
  4. バッティング

    【オリックス・吉田正尚選手のバッティングから考える】バッターに必要なバッティング…
  5. マインド

    【当たり前すぎて気付かない】私たちは毎日大切なプレゼントを受け取っている
PAGE TOP