フィールディング

どんな姿勢からでもアウトを狙う海外の内野手たち

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

デトロイト・タイガースのホセ・イグレシアス選手。ナイスプレーでしたね。あれじゃないとアウトにならない!というプレーでした。ぜひ、ご覧ください。

このプレー…。もちろんイグレシアス選手のプレーは素晴らしいんですが、そのグラブトスを素手で捕りにいってもう1つアウトをとってやろうとするキンズラー選手の攻撃的な姿勢も素晴らしいですよね。ぜひ、こちらの動画もご覧ください。

どんな姿勢からでもアウトを狙う。彼らのそういう姿勢をぜひとも見習っていただきたいんですが…。そういえば昔、どんな姿勢からでも目的の場所にボールを送るクロフォード選手のトリックプレーを紹介したんですね。

海外ではこうやって身体感覚を磨いている内野手がいるようです。

This is so clean 😲🔥 @sparked @cutterball @dailybaseballvine

Baseball ✳️さん(@batflipped)がシェアした投稿 –

守備の上達を目指すならこうして身体の感覚を磨くのもいいかもしれませんね。ぜひ、こういう映像を守備の上達に役立ててみてください。

まあ、参考まで。

では、また。

sense1
maekawa
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 野球選手にとっての良いフォームとは?
  2. 【世界最先端】あのピッチャーが急成長している理由とは?
  3. 【伝説のマンガから学ぶ】今の日本人内野手が徹底的にやっておくべき事とは?
  4. 野球選手としての心構え
  5. MLBのスプリングトレーニングから学ぶ《外野手の練習方法とは?》

関連記事

  1. フィールディング

    MLBの内野手は「ドッシリ」「ガッチリ」捕らない?そんな事はありません

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。内野守備の話にな…

  2. フィールディング

    守備練習の時だけでもこのマインドでプレーしてみてほしい…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。このブログを読ん…

  3. フィールディング

    【ビリー・リプケン氏から学ぶ】良いタッグと悪いタッグの違いとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はビリー・リ…

  4. フィールディング

    基本に忠実にノックを受けるプロ野球選手

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本ハムの中島卓…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. ベースランニング

    ヘッドスライディングは速いのか?
  2. バッティング

    【秋山幸二氏が語った】本当に凄かったバッターは?
  3. バッティング

    適当に打て!
  4. ピッチング

    『そうする』のではなくて『そうなる』もの
  5. バッティング

    【バッティング】スイングする時、軸足に体重は残ってない?
PAGE TOP