ベースランニング

自分にとってベストのリード幅を作ろう!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先日、元ジャイアンツの鈴木尚広選手が盗塁の極意を話しておられました。非常に深いお話で本当に面白かったので今日はリードの部分を紹介させていただきます。深く考えずにリードをしていた選手にとっては参考になるのではないでしょうか。

鈴木尚広氏は、まず自分にあったリードの幅を作りましょうと言っておられました。

鈴木氏の場合はリードは13足分だったそうです。

ちなみにヤクルトの山田哲人選手は大きく4歩、日本ハムの西川遥輝選手は12.5足、中日の荒木雅博選手はアンツーカだそうです。

このように選手によってリードの幅は違うのでまずは自分の基準を作って実戦で修正していくようにと仰っていました。

それから盗塁と帰塁の意識ですが鈴木氏の場合は50:50。

山田哲人選手は100:0で西川遥輝選手は99:1だそうです。

逆に荒木雅博選手は30:70で帰塁への意識が強いそうです。

こういうことを参考にして自分の最大限のリード幅を作りましょうとのことです。

ぜひ、参考にして上達に役立ててみてください。

では、また。

member   35  

ピックアップ記事

  1. 【バッティング】スイングする時、軸足に体重は残ってない?
  2. 侍ジャパンの選手たちのバットの軌道は?
  3. プロ野球界で史上最高の右バッターはどうやってバッティングフォームを作っていたのか…
  4. 野球選手を育てようとしてるのに、なぜボールを扱わせないんですか?
  5. 野球選手としての心構えとは?

関連記事

  1. ベースランニング

    盗塁のスタートを良くするための反応練習法とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。あまりにも素晴ら…

  2. ベースランニング

    野球選手なら積極的な走塁を身につけよう!そのために知っておくべき事とは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はワンバウン…

  3. ベースランニング

    盗塁のスタートを良くするために知っておくべき事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨年引退したジャ…

  4. ベースランニング

    【ベースランニング】一塁ベースまでの走り方は打球によって変わる

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。つい先日の話なん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    キャッチャーが見失ってしまうほどのスイングをする高校生。
  2. コーチング

    野球選手の能力を引き出すためにラミレス監督が考えている事とは?
  3. フィールディング

    日本野球の守備に問題があるのはもう分かった。だったら次のレベルに進もう!
  4. ピッチング

    プロ野球で176勝をしたピッチャーのコマンド能力
  5. バッティング

    あのピート・ローズ氏が最高の練習だと言っているのは…
PAGE TOP