フィジカル

足には細かい骨がたくさんあるので、その一本一本が動くように!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今シーズン10秒0台を連発している桐生祥秀選手(21=東洋大)。好調の秘密は室伏広治氏とのトレーニングにあったそうなんですが、先日2人がトレーニングをしている映像がテレビで放送されていました。その中で室伏氏が話されている内容が面白かったのですが、その話というのは多くのアスリートはトレーニングの時、足首から先は足首しか意識していないという話でした。

ぜひ、参考にしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 基本に忠実にノックを受けるプロ野球選手
  2. 【内野守備】世界一の内野手はどうして育ったのか?
  3. イチロー選手のバッティングから学ぶ。《連ティーに隠さているものとは?》
  4. ホームランの打ち方は2つある。
  5. 世界一の右腕が行うトレーニング

関連記事

  1. フィジカル

    相反する2つの理論【柔軟性?筋力?】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。多くのプロ野球選…

  2. フィジカル

    うまくない選手のフォームは見てはいけない。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。超える力室伏…

  3. フィジカル

    史上最強の中学野球チームから学ぶ《少年野球チームのあるべき姿とは?》

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。つい先日、小学6…

  4. ピッチング

    投げる事と真剣に向き合ってきたアスリートが日本人に伝えている事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。突然ですがあなた…

  5. フィジカル

    桐生選手と室伏氏のトレーニングとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、陸上100…

  6. フィジカル

    トップアスリートたちが食べていたものとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はトップアス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    【バッティング】2017年ワールドシリーズMVP選手の左足の使い方とは?
  2. フィールディング

    【MLBゴールドグラブ賞発表】ついでにあの選手のゴロの捕り方を横から見てみる
  3. バッティング

    【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?
  4. フィジカル

    すごいすごいと思っていたメジャーリーガー。でも実は…
  5. ピッチング

    【結局の話】勝つのは感度が高い選手
PAGE TOP