フィジカル

足には細かい骨がたくさんあるので、その一本一本が動くように!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今シーズン10秒0台を連発している桐生祥秀選手(21=東洋大)。好調の秘密は室伏広治氏とのトレーニングにあったそうなんですが、先日2人がトレーニングをしている映像がテレビで放送されていました。その中で室伏氏が話されている内容が面白かったのですが、その話というのは多くのアスリートはトレーニングの時、足首から先は足首しか意識していないという話でした。

ぜひ、参考にしてみてください。

では、また。

member   35  

ピックアップ記事

  1. あのピッチャーが実践したコントロールを良くする方法
  2. 【バッティング】あなたの打ちやすいタイミングのとり方は?
  3. イチロー選手のバッティングから学ぶ。《連ティーに隠さているものとは?》
  4. 盗塁のスタートを良くするために知っておくべき事とは?
  5. 【あの選手のトリックプレーから学ぶ】ランナーは意外とボールの位置を把握していない…

関連記事

  1. フィジカル

    少年野球は少年サッカーから体づくりを学ぶべきである。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。僕自身は常に少年…

  2. フィジカル

    プロ野球選手になる方法があるとすれば…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はXと大ちゃ…

  3. フィジカル

    野球選手は体づくりも大事!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日も朝から少年…

  4. フィジカル

    史上最強の中学野球チームから学ぶ《少年野球チームのあるべき姿とは?》

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。つい先日、小学6…

  5. フィジカル

    すごいすごいと思っていたメジャーリーガー。でも実は…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。アメリカの初優勝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 野球脳

    自分を知るのは当たり前。その上で…
  2. ピッチング

    あのプロ野球選手たちが中学時代に対戦していた!
  3. バッティング

    これからの野球界はバットを強く振れない選手は使ってもらえない。
  4. バッティング

    長い長い甲子園の歴史で最も飛んだと言われているホームラン
  5. マインド

    土曜日は母校の野球部のOB会でした。
PAGE TOP