バッティング

ネクストバッターズサークルでどんな事をしてますか?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

野球にはネクストバッターズサークルという場所があります。

あなたはその場所でどんな事をしているでしょうか?

一般的によく見るのはマスコットバットでスイングしたり、バットにバットリングをつけてスイングしたり…

そんな感じでしょうか?

そういえば日本ハムの大谷選手もバットリングをつけてスイングしているみたいですね。

ところで…

なぜ、マスコットバットやバットリングのような重いものを利用するんでしょうか?

振ってみたことがある人は分かると思いますが、確かに重いものを振ったあとっていうのは体が軽くなった感じがするんですよね。

ただ…

よく考えてみると重いバットを振るっていうことは体の使い方は遅くなるということです。

バットが重いんですから当然のことなんですが…

そこでズレが生じるんですね。

要はこういう事です。

脳は体が軽くなったと感じている。でも、実際の体の動きは遅い動きがインプットされた。

こういうズレですね。

重いものを振るというのは本当に何気ない行動だと思います。

ただ、そのネクストバッターズサークルでの何気ない行動が自分の感覚をバラバラにしてしまっている可能性があるという事を知ってほしいと思います。

「じゃあネクストバッターズサークルではどうしたらいいのか?」っていう話なんですが、それは…

実際にバッターボックスで使うバットを振る!

これです。

こっちの方が感覚は研ぎ澄まされると思います。

そこでイチロー選手を見て欲しいんですが…

年齢を重ねるとそういうことを感じるんですかね?

昔は重いバットを振ってたんですよ。

ところが、僕が見ている限りではある日を境に振らなくなったみたいなんですね。(どこかで振っていたらすみません…)

実は日本人通算本塁打数トップ5に入っているある大打者が「若いうちは体が強いから何をやっても許されたけど、年を重ねるごとに体に気を使わなければいけない」って言っておられたんですよね。

そういう意味でもイチロー選手の行動というのは参考にするべきではないかなと思います。

ぜひ、バッティングの上達に役立ててください。

では、また。

average
strong
member   35  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ワールドベースボールクラシックで見えてきた】強打を誇るチームの打球傾向
  2. 『うまい選手』と『すごい選手』
  3. 【海外の練習から学ぶ】動ける外野手になるための練習とは?
  4. あなたは2人の大打者が同じスイングをしていたって知ってましたか?
  5. 【アウト?セーフ?】打球が走者に当たった場合

関連記事

  1. バッティング

    あなたは2人の大打者が同じスイングをしていたって知ってましたか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は面白い映像…

  2. バッティング

    あの大打者がやっているバッティング練習法とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。すごいニュースがありま…

  3. バッティング

    世界一飛ばす選手のバッティング理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ジャンカルロ・ス…

  4. バッティング

    神様のバッティング理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。実はYouTub…

  5. バッティング

    ホームランの打ち方は2つある。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。イチロー選手はホームラ…

  6. バッティング

    よく打つバッターは自分の◯◯◯◯を知っている

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。Sportiva…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    どんな姿勢からでもアウトを狙う海外の内野手たち
  2. マインド

    【この夏に輝いていた一人の投手】関東No.1と言われた投手の中学時代は…
  3. ピッチング

    ピッチャーはこういう評価もされるべきである。
  4. コーチング

    野球選手としての本能を大切にしていたんだろうなと感じる動画。
  5. コーチング

    イングランドのサッカー協会が選手育成のために作った新しいルールとは?
PAGE TOP