ピッチング

あのトム・ハウス氏が指導している貴重な映像

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

トム・ハウスといえば野球に詳しい人ならよく知っている名前だと思います。

ランディー・ジョンソンが制球難を克服したのはトム・ハウス氏と出会ってからだと言われていますし、ノーラン・ライアンが40歳を過ぎてから復活できたのはトム・ハウス氏がいたからだと言われています。

そして、その理論は本にもなりました。


ノーラン・ライアンのピッチャーズ・バイブル

トム・ハウス理論。

野球を学んでいる人なら一度は聞いたことがあるフレーズだと思います。

そんなトム・ハウス氏がピッチングを指導している貴重な映像があったんです。

今日はぜひ、その映像をご覧ください。

まあ、参考まで。

では、また。

control
speedup
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 保護中: あなたの打率を上げるための動画です【パスワードは本日のBBB通信で!】…
  2. キャッチャーが見失ってしまうほどのスイングをする高校生。
  3. 【32億円の男から学ぶ】スピードや強さがなくてもトップでいれる理由
  4. 【ジョー・ジラルディ前監督が教える】フレーミング技術
  5. ブライス・ハーパー選手に学ぶ【ホームランを打つための体づくり】

関連記事

  1. ピッチング

    超強豪校がずっと勝ち続けている理由はピッチャーの…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、ある超強豪…

  2. ピッチング

    あのピッチャーが実践したコントロールを良くする方法

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。コントロールを良…

  3. ピッチング

    【結局の話】勝つのは感度が高い選手

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズンからM…

  4. ピッチング

    メジャーリーガーたちも恐れたピッチングフォームが誕生したのは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。NPBでもMLB…

  5. ピッチング

    サイ・ヤング賞を5回受賞した大投手のレッスンとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。このブログを読ま…

  6. ピッチング

    【世界最先端】あのピッチャーが急成長している理由とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日、スポーツナ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    井端コーチが言ったとされる「ゴロは右足の前で捕れ」。この言葉の捉え方を間違えると…
  2. バッティング

    千葉ロッテマリーンズ・井口資仁選手のバッティング理論
  3. ベースボールIQ

    【ビル・リプケン氏から学ぶ】打者を抑えるための配球理論とは?
  4. バッティング

    【MLB開幕】メジャーリーガーたちが使うグリップテープ&トラウト選手のバッティン…
  5. フィールディング

    【内野守備】ソフトバンクホークスの秋季キャンプから学ぶ
PAGE TOP