フィールディング

ボテボテのサードゴロをバックハンドでアウトに!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日は斬新なプレーを紹介します。

4月5日のマリナーズvs.アストロズ戦でのことです。

バッターはジャロッド・ダイソン選手。

彼はMLBで176個も盗塁を決めている非常に足の速い選手です。

そんなダイソン選手がサードへボテボテのゴロを打ったんですね。

そのゴロを処理するブレグマン選手のプレーが斬新だったんです。

なんとバックハンド!

斬新ですよね。

こんなプレーは初めて見たんですが…

彼らにはアウトをとるための選択肢がたくさんあるようです。

こんな風にたくさんの選択肢を持って、必死にアウトをとりにいける内野手が増えたらいいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

sense1
maekawa
member   35  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. プロ野球選手になる方法があるとすれば…
  2. バックアップがチームを救う
  3. やる気に関する話です。【野球選手なら聞いてください】
  4. ホームランを打つためには…
  5. 日米の首位打者に共通しているバッティング技術とは?

関連記事

  1. フィールディング

    基本に忠実にノックを受けるプロ野球選手

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本ハムの中島卓…

  2. フィールディング

    野球の試合はキャッチャーが命運を握っている【キャッチャーのための守備講座】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨シーズンは広島…

  3. コーチング

    野球選手を育てようとしてるのに、なぜボールを扱わせないんですか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。以前、この動画を…

  4. フィールディング

    【川崎宗則選手に学ぶ】変化球のススメ

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ソフトバンクの川…

  5. フィールディング

    MLBの遊撃手たちはどうやってアウトにしているのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今の時代、You…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィジカル

    【こんな時代の選手だからこそ…】身体操作術を極めてみる
  2. フィジカル

    アメフトのトレーニングから学ぶ《スピードアップのためのトレーニング動画》
  3. マインド

    【大阪桐蔭のキャプテンから学ぶ】この時代に求められている野球選手とは?
  4. フィールディング

    野球界にも当たり前のように表に出てくるようになった『yips』
  5. バッティング

    ティーバッティングを工夫して新しい感覚を掴む!
PAGE TOP