フィールディング

ボテボテのサードゴロをバックハンドでアウトに!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日は斬新なプレーを紹介します。

4月5日のマリナーズvs.アストロズ戦でのことです。

バッターはジャロッド・ダイソン選手。

彼はMLBで176個も盗塁を決めている非常に足の速い選手です。

そんなダイソン選手がサードへボテボテのゴロを打ったんですね。

そのゴロを処理するブレグマン選手のプレーが斬新だったんです。

なんとバックハンド!

斬新ですよね。

こんなプレーは初めて見たんですが…

彼らにはアウトをとるための選択肢がたくさんあるようです。

こんな風にたくさんの選択肢を持って、必死にアウトをとりにいける内野手が増えたらいいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

sense1
maekawa
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【世界の三塁手に学ぶ】彼らが意識している事とは?
  2. ファーストベースマンのテクニック
  3. 野球選手としての本能を大切にしていたんだろうなと感じる動画。
  4. 【1994年に私が受けた衝撃】これまでの常識が壊された…
  5. 保護中: 速いボールを投げるための脳の使い方【パスワードは1月31日のBBB通信…

関連記事

  1. フィールディング

    ボールを捕るときにジャンプをすると目線がブレない。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。たまたま動画で新…

  2. フィールディング

    相反するキャッチング理論。どちらが正しい?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今回は動画を用意…

  3. フィールディング

    【伝説のマンガから学ぶ】今の日本人内野手が徹底的にやっておくべき事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、床屋さんに…

  4. フィールディング

    【外野手の皆さん!】技術は磨いてますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。突然なんですが……

  5. フィールディング

    井端コーチが京田選手に伝えていたゴロの捕り方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ジャイアンツの井…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィジカル

    これ、できます?【野球選手ならできてほしい!】
  2. ピッチング

    【世界最先端】あのピッチャーが急成長している理由とは?
  3. フィールディング

    【ベイスターズ・山崎康晃投手に学ぶ】ピッチャーの仕事とは?
  4. マインド

    競技生活を長くできた理由とは?
  5. バッティング

    東出コーチの話が参考になります。
PAGE TOP