フィールディング

【世界一の捕手であるヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】強いチームのキャッチャーとは…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日のプエルトリコvs.オランダ。

個人的にはオランダを応援していたんですが…

応援してみると余計に感じるものってありますよね。

まざまざと感じたのはモリーナ選手のスゴさ。

情熱的であり、冷静である。

全盛期と比べるとだいぶ体力的に衰えたと思います。

それでも、こんなキャッチャーがいたらチームは強いですよね。

日本からもモリーナ選手のようなキャッチャーが出てくることを楽しみにしています。

そのために!

まずはコチラでキャッチャーの基本を学んでみてはいかがでしょうか?

キャッチャーとして上達するためには必須です。

oda52

member   35  

ピックアップ記事

  1. 野球選手として成功する体質がある。
  2. ピッチャーを育てる時の参考にしてみてください。
  3. 侍ジャパンの選手たちのバットの軌道は?
  4. 野球選手の守備が上達しないのは指導者に問題がある場合が多い。
  5. “呪縛”が解かれたら大爆発!こんな野球選手がたくさんいます。

関連記事

  1. フィールディング

    どんな姿勢からでもアウトを狙う海外の内野手たち

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。デトロイト・タイ…

  2. フィールディング

    日本野球の守備に問題があるのはもう分かった。だったら次のレベルに進もう!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は面白い動画を見つ…

  3. フィールディング

    MLBの遊撃手たちはどうやってアウトにしているのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今の時代、You…

  4. フィールディング

    【日本一の二塁手から学ぶ】スーパープレーができる理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日は侍ジャパン…

  5. フィールディング

    ボテボテのサードゴロをバックハンドでアウトに!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は斬新なプレ…

  6. フィールディング

    野球界にも当たり前のように表に出てくるようになった『yips』

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。まず最初に……

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    世界のホームラン王のバッティング理論
  2. フィールディング

    キャッチングの方法
  3. ピッチング

    人間万事塞翁が馬
  4. フィジカル

    史上最強の中学野球チームから学ぶ《少年野球チームのあるべき姿とは?》
  5. フィジカル

    補殺数の世界記録を持つオジー・スミス選手。彼がどんな体を持つ選手だったか知ってい…
PAGE TOP