フィールディング

【世界一の捕手であるヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】強いチームのキャッチャーとは…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日のプエルトリコvs.オランダ。

個人的にはオランダを応援していたんですが…

応援してみると余計に感じるものってありますよね。

まざまざと感じたのはモリーナ選手のスゴさ。

情熱的であり、冷静である。

全盛期と比べるとだいぶ体力的に衰えたと思います。

それでも、こんなキャッチャーがいたらチームは強いですよね。

日本からもモリーナ選手のようなキャッチャーが出てくることを楽しみにしています。

そのために!

まずはコチラでキャッチャーの基本を学んでみてはいかがでしょうか?

キャッチャーとして上達するためには必須です。

oda52

member   35  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 少年野球は少年サッカーから体づくりを学ぶべきである。
  2. 今、世界一のピッチャーはクレイトン・カーショウ投手!
  3. イングランドのサッカー協会が選手育成のために作った新しいルールとは?
  4. 【読売ジャイアンツの畠投手に学ぶ】ピッチャーにとって大切な事は…
  5. 【32年ぶりの記録更新ということで…】32年ぶりに清原和博氏のホームランを見てみ…

関連記事

  1. フィールディング

    基本に忠実にノックを受けるプロ野球選手

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本ハムの中島卓…

  2. フィールディング

    【世界は広い!】18歳で160キロのスローイングをする選手

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。世界にはえげつな…

  3. フィールディング

    ゴールドグラブ賞を10回も受賞した史上最高の二塁手の秘密とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昔、仁志氏が『ナ…

  4. フィールディング

    外野手がよく言われる「先に下がれ!」とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。外野手が後方のフ…

  5. フィールディング

    25年ぶりに130試合以上に出場して捕逸がわずか『2』だったキャッチャーとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。全然知らなかった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィジカル

    【肩の力を抜くにはどうすればいいのか?】直接操作ではなく間接的に!
  2. ベースランニング

    【ベースランニング】一塁ベースまでの走り方は打球によって変わる
  3. フィジカル

    史上最高のアスリートから学ぶトレーニングと食事
  4. フィールディング

    野球選手の守備が上達しないのは指導者に問題がある場合が多い。
  5. バッティング

    千葉ロッテマリーンズ・井口資仁選手のバッティング理論
PAGE TOP