コーチング

なぜプロ野球選手が育つのか?【野球選手としての本能を消してしまうな!】

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ウチの弟が敦賀気比高校の指導者になって何年経ったんですかね?

おそらく8年だと思います。

8年前に久しぶりに母校に帰った時はこれは大変な学校のコーチになったんじゃないかと心配したものですが…

その8年でプロ野球選手が7人も育っちゃったんですね。

このぐらいの人数になると誰か忘れてないかと心配になるんですが…

おそらく7人で間違いないと思います。

山田投手(オリックス)
吉田選手(オリックス)
西川選手(広島)
岸本投手(中日)
玉村投手(西武)
平沼選手(日本ハム)
山﨑投手(オリックス)

たった8年で7人ですからね。

まあ、これだけのプロ野球選手が誕生するのはあまりないんじゃないでしょうか。

僕は8年前の状態を知ってるだけに、余計にすごいことだと思いますね。

ある程度の土台が出来てから10年で8人ぐらいのプロ野球選手を育てるっていうのは可能性があります。

でも、ゼロからですからね。

土台も何も暗黒時代と言われるような状態から始まったわけです。

その状態からほぼ毎年のようにプロ野球選手が育ったんですね。

しかも、育っただけではありません。

実際に勝ちました。

北陸地方で初めて甲子園の優勝旗を掴んだのです。

甲子園で優勝して、毎年のようにプロ野球選手を排出する。

こんな学校は全国的にもなかなかないはずです。

なぜ、こんなことが実現したのか。

こういうことに興味を持ってもらえたらと思うのですが…

その理由っていうのが昨日もお話ししたように「野球選手としての本能を大切にしていた」ということです。

要するに、選手も常に「打ちたい!」と思ってるし、「抑えたい!」と思ってるし、「活躍したい!」と思ってるということを理解しておく必要があるんじゃないかと。

そういう野球選手としての本能を消してしまうと選手は育ちませんよね。

まあ、こんな話を聞くと当たり前に聞こえるかもしれませんが…

でも実際には、その本能が消えてしまっている野球選手が山のようにいるという現実があります。

それはなぜでしょうか?

たまにはこういうことを考えてもいいかもしれません。

まあ、参考まで。

では、また。

sense

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. あの選手がバットの軌道を変えた理由
  2. 千葉ロッテマリーンズ・井口資仁選手のバッティング理論
  3. ドミニカ共和国のある選手が来年も野球をするために行っている練習とは?
  4. 史上最高のアスリートから学ぶトレーニングと食事
  5. 【新しい打撃指標】バレルとは?

関連記事

  1. コーチング

    指導者は野球選手の枠を破壊してやる!【バッティング指導法】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。これは僕個人の勝…

  2. コーチング

    【問題です】この野球少年たちはのちにどんな野球選手になったでしょうか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は問題を用意…

  3. コーチング

    なぜ、あのチームからプロ野球選手が育つのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。近畿地方に住んで…

  4. コーチング

    【MLBドラフト2018】ジーター氏がCEOのマーリンズはどんな選手を指名したのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は待ちに待っ…

  5. コーチング

    脳科学的な選手育成方法とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。フットブレインと…

  6. コーチング

    ルディ・デュランコーチに学ぶ【アスリートの育て方】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。野球選手にとって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. ベースランニング

    【一塁ランナー】牽制をもらう方法ともらわない方法
  2. ピッチング

    世界一の右腕が行うトレーニング
  3. フィジカル

    小学生の持久力トレーニングについて
  4. フィールディング

    【日本一の二塁手から学ぶ】スーパープレーができる理由
  5. フィジカル

    野球少年がやるべきトレーニングとは?
PAGE TOP