フィールディング

内野手はゴロを捕ったら胃に持って来い?【野球選手のための守備講座】

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日は野球選手のための守備講座です。

実はあのブランドン・フィリップス選手が面白いことを言ってるんです。

いや…

言ってるような気がするということにしておきましょう。

どんな風に聞こえるかというと…

ブランドン・フィリップス選手がゴロを捕ってから投げるまでの話をしているんですが「ボールを捕ったら『胃』に持って来い!」というようなことを言ってるように聞こえるんです。

「stomach!」「stomach!」って何回か聞こえるんですよね。

まさかと思って字幕を見てみるとやっぱり『胃』って…

ただ、画面には胸には「chest」って書かれてるんで「胸」なんでしょうけど。

でも「ボールを捕ったら胃に持って来い!」って別に悪くないと思いますし、新しいなと思いまして^^;

思わず紹介してしまいました。

まあ、その話は置いといて…

ブランドン・フィリップス的 守備の基本(6ステップ)とは?

せっかくですから【ブランドン・フィリップス的 守備の基本(6ステップ)】をまとめておきますね。

1) set your feet first(最初に足を設定せよ)
2) use your hands to field the ball(ボールをさばくために手を使え)
3) funnel the ball to your chest(ボールを胸に持って来い)
4) shuffle your feet into throwing position(投げる方向にシャッフルせよ)
5) fire the ball to your target(ターゲットに向かってボールを発射)
6) follow through on your throw(フォロースルー)

だいたいこんな感じだと思います。

だいたいです。だいたい…

英語は分からなくても野球人として解釈したら、だいたいこんな感じだろうなと。

適当で申し訳ございません^^;

でも「ボールを捕ったらシャッフルしなさい!」と言っているのは間違いないと思います。

まあ、僕の翻訳は信用できないと思いますので、ぜひ動画をご覧いただければと思います。

では、また。

maekawa
sense2
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【伝説の三塁手の話を聞いて気づいた】あなたはどんなセルフイメージで野球をしていま…
  2. 【昨シーズン31本塁打】彼のバッティング練習を見てみてください。
  3. 掴んだ感覚を失わないために…
  4. 引きつけて打つから前で捌くへ!
  5. 【少しだけ考えてみてください】あなたが最高のスイングをしたとき…

関連記事

  1. フィールディング

    【世界の三塁手に学ぶ】彼らが意識している事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日は中日ドラゴ…

  2. フィールディング

    どれだけ時代が変わってもキャッチボールを見れば野球選手のレベルはわかる。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。過去にこんなコラ…

  3. フィールディング

    基本に忠実にノックを受けるプロ野球選手

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本ハムの中島卓…

  4. フィールディング

    【15歳〜16歳】ドミニカの遊撃手たちを見てみる

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本のプロ野球で…

  5. フィールディング

    保護中: 【守備のセンスを磨くために】まず、やるべき事とは…(パスワードは3月23日[金]のBBB通…

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    飛距離を伸ばすためにあのバッターが取り組んだ事とは?
  2. フィールディング

    【世界一の遊撃手であるアンドレルトン・シモンズ選手から学ぶ】内野手としての意識
  3. バッティング

    【貴重映像】コディ・ベリンジャー選手の少年時代
  4. フィールディング

    【MLBの選手たちのゴロ捕球から学ぶ】他の野球人が見えないものを見える選手になれ…
  5. ピッチング

    最高のストレートを投げれる理由【タメの作り方】
PAGE TOP